【中元日芽香/モデルプレス=8月7日】6日に放送されたラジオ番組『らじらー!サンデー』(NHKラジオ第1/毎週日曜よる9時5分〜)にて、グループからの卒業を発表した乃木坂46の中元日芽香が7日、自身のオフィシャルブログを更新。芸能界引退の意思を報告し、グループへの思いや現在の心境を語った。

◆中元日芽香、芸能界引退を報告

中元は、「私、中元日芽香は乃木坂46を卒業することにしました。具体的な日付等の詳細は追って発表する形になりますが 19thシングル以降は参加しないと思って頂ければなと」と改めてファンに向けて報告。

「大きな理由は体調面での不安です」と卒業の決断に至った理由とともに、「なので卒業して、芸能界も引退して、暫くはゆっくり静養するつもりでいます」と卒業後は、芸能界も引退することを明かした。

◆活動休止から復帰…思いを語る

今年1月に体調不良のため活動を休止することを発表し、4月より活動を再開させた中元。「休業という形で時間を与えて下さり、復帰後も様々なサポートを受けて どうしたらひめたんが完全復活できるかと理解あるスタッフの皆さんの尽力の元数ヶ月活動してきました」と支えてくれたスタッフへの感謝し、「サポートに応えられなかった自分を情けなく思います」と心境を吐露。

復帰後、初のツアーとなった開催中の「乃木坂46真夏の全国ツアー2017」について、「全国ツアー神宮会場 涙が出るほど本当にあたたかかった、だから余計に思いました。こんなに乃木坂を愛して下さっている人達に私が『付いてきて』と言うのは失礼だと」と振り返り、「アイドルをゴールにしていた私は 一体いつまでここにいるのかなとか、解散まで見届けるつもりでもいました。でも、妙に納得したんです、ああこのタイミングなんだ〜って」と決意が固まった瞬間を告白した。

◆ファン、メンバー、両親への感謝

さらに、これまで乃木坂46として活動してきた日々に思いを馳せ、「加入から6年間、私をアイドルにして下さったのは他でもなく皆さんです。メンバーのみんな、お世話になった関係者の皆様、応援して下さったファンの皆様 本当にありがとうございました」と応援してくれたファン、メンバー、両親に心から感謝。

デビュー以来、全身全霊をかけて走り続けてきた中元は、「私は本当に仕事が好きでした。青春を全て投じるだけの価値がこのグループにはありました。乃木坂46に出会えたことは私にとって大きな財産です」とグループへの強い愛を語った。

そして、「活動最終日まで精一杯アイドル楽しみたいと思います!よろしくお願い致します!」と卒業までのこれからも最後まで挑み続けることを示した。

◆中元日芽香、卒業を発表

ラジオでは、卒業の理由について「大きいところでは、体調が優れない日が多いなぁというのがあります」と説明。19thシングルには不参加、さらに今月11日から行われる乃木坂46の全国ツアーも全て欠席する。(ただし、ブログでは「今はアンダーツアーに向けて 整えているところなので 心配しないで下さい」と、「乃木坂46アンダーライブ全国ツアー2017」(佐伯文化会館:10月14日〜宮崎市民文化ホール:10月20日まで)への参加の意志を伝えている)

また乃木坂46の公式サイトでも「乃木坂46のメンバーとして活動しております中元日芽香ですが、乃木坂46を卒業することとなりました」と発表。卒業の時期は現在調整中としている。(modelpress編集部)

情報:NHKラジオ第1

【Not Sponsored 記事】