【猪野広樹・鍵本輝/モデルプレス=8月8日】舞台『刀剣乱舞』など話題作に出演を続ける俳優・猪野広樹と、3人組ダンスボーカルユニット「Lead」のメンバーで、ドラマなどでも活躍する鍵本輝の2名をW主演に迎え、人気コミック『花の慶次』(集英社刊)のスピンオフ作品として人気を博した『義風堂々!!』を舞台化することが決定した。

直江兼続役に猪野、前田慶次役に鍵本を配役。なお、鍵本は今回が初の舞台主演となる。

公演は、東京・2017年11月17日(金)〜26日(日)AiiA2.5Theater Tokyoにて、大阪12月9日(土)〜10日(日)大阪メルパルクホールにて上演。

◆人気原作を舞台化

本シリーズは、「花の慶次花の慶次-雲のかなたに-」(原作:隆慶一郎、漫画:原哲夫、脚本:麻生未央)のスピンアウト作品として、2008年より連載を開始。「義風堂々!!直江兼続-前田慶次“月”語り、“酒”語り-」(原作:原哲夫・堀江信彦、漫画:武村勇治)と続き、現在、シリーズ最終章となる「義風堂々!!直江兼続-前田慶次花語り-」(原作:原哲夫・堀江信彦、作画:出口真人)が月刊コミックゼノンにて連載中。「花の慶次」にて、原哲夫が描き切れていなかったと語る、前田慶次の莫逆の友・直江兼続の物語である。

舞台は、「仮面ライダー」シリーズ脚本等で知られる、きだつよしが作・演出を手掛ける。舞台化ならではの疾走感あふれる、派手で豪快なアクションにも注目が集まる。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】