【テラスハウス/モデルプレス=8月8日】人気リアリティーショー「テラスハウス」の最新シーズン『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』(テラスハウス アロハ ステート)の第33話が8日から、FODとNetflixで配信スタート。新シーズンの舞台はハワイ。アルバイトの福山智可子(ふくやま・ちかこ/28)が元夫と再会した。<※以下ネタバレあり>

◆大志の“死ぬほどの恋”これまで

“死ぬほどの恋”をするためにテラスハウスに加入し、これまで様々な女子メンバーとデートを重ねてきた俳優の玉城大志(たまき・たいし/29)が、一瞬で虜となり、猛アプローチをしている智可子。

31話で、智可子に質問され、「めちゃくちゃ好き」と大志は告白。智可子は大志へ好印象を抱いているとはしつつも、心の準備が出来ていないことを明かしていた。

前回32話では、智可子の友人カップルとダブルデートへ。お酒が入った大志は智可子へハグするなど大胆にアプローチを続け、智可子もまんざらではない表情を見せていたが、昨年離婚した元夫から連絡を受け、動揺するという急展開が起こった。

◆元夫と再会…そして、大志とは?

さらに、「まだ愛してる」というメッセージが来るようになり、混乱した智可子は元夫と離婚後初めて再会することを決意。元夫のキャメロンが登場した。

「この先もずっと君を思う」と愛を伝えられるが、智可子は「一生大切な存在であることは変わらない」としながらも、「あなたが感じてる思いは共有できない。わたしたちはもう違う場所に立っている」と思いには応えられないと、きっぱりと決別の言葉を送った。

帰宅後、すぐに大志のいる男子部屋に向かった智可子は正直に元夫と再会したことを大志へ報告。「真剣に智可は(大志の気持ちに)向き合ってるつもりだったから、こういう自分っていうのを隠したくないというか分かってて貰ったほうがいいのかな」と報告した理由を明かす。

その後、女子3人の場で、智可子は「すごい好きだなと思うときある」と大志への思いを打ち明け、「だけど遠距離はちょっと…」とテラスハウス卒業後の生活がネックになっていることを吐露した。

◆満理子が号泣

そのほか、第33話では銀行員の新田満理子(にった・まりこ/25)が涙。会社員のシェリーマリア澄川ラボエ(シェリーマリアスミカワラボエ/25)の行動がトラブルに発展した。

◆「テラスハウス」ハワイ編

シェアハウスに同居する男女の青春模様を記録したリアリティーショー『テラスハウス』。

番組初となる海外のテラスハウスで共同生活をしているのは、俳優の玉城大志(たまき・たいし/29)、会社員のシェリーマリア澄川ラボエ(シェリーマリアスミカワラボエ/25)、ラッパーの“ウェズ”こと中嶋ウェスリー(ウェスリーナカジマ/29)、アルバイトの福山智可子(ふくやま・ちかこ/28)、銀行員の新田満理子(にった・まりこ/25)、会社員の関川良(せきかわ・りょう)の6人。

スタジオキャストは東京編に引き続き、YOU、トリンドル玲奈、徳井、馬場園梓(アジアン)、山里、健太郎の6人が務めている。

地上波ではフジテレビにて、現在第30話まで放送済み。これまで全24話を予定していたが、12話分の延長が決定。全36話を予定している。(modelpress編集部)

情報:Netflix


【Not Sponsored 記事】