【過保護のカホコ/モデルプレス=8月9日】女優の高畑充希が主演を務める日本テレビ系ドラマ『過保護のカホコ』(毎週水曜よる10:00〜)の第5話が9日、放送された。“ばあば”ことカホコの祖母・初代(三田佳子)が語ったある台詞が共感を呼んでいる。

◆高畑充希主演『過保護のカホコ』

『家政婦のミタ』や『○○妻』など数々のヒットドラマを手掛けてきた遊川和彦氏が脚本を務める同作。

21歳にして生活の全てにおいて親任せで、超過保護に守られて生きてきた“純粋培養”の女子大生・カホコ(高畑)が、親に捨てられ養護施設で育ち、アルバイトを掛け持ちしながら学費を稼ぎ大学に入学したという、自分とは正反対の環境で育った青年・麦野初(竹内涼真)と出会って成長していくホームドラマ。

ほか、カホコを溺愛し娘のすべてを把握していないと気が済まない母・泉役を女優の黒木瞳、過保護に育ったカホコの将来を案じながらも厳しくできない父・正高役を俳優の時任三郎が演じる。

◆第5話あらすじ ※ネタバレあり

カホコの心の成長を感じ取っていた初代は、不妊治療の末に授かったひとり娘の世話を焼くことが生きがいである泉の心情を察しながらも、子離れするよう説得する。

それでも後悔しないようカホコのために出来るだけのことをしてあげたいと譲らない泉に対し、初代は「子育てで後悔しない母親なんていないわよ。私だってあんたたちにいろんなことしてあげればよかったと思うし」と自身の経験を踏まえてアドバイス。「最後は覚悟を決めるしかないの。たとえ子どもが転んでも立ち上がると信じて。愛するより信じるほうが難しいんだから」と優しく諭した。

◆ばあばの名言が胸に刺さる

ばあばの「愛するより信じるほうが難しい」という台詞に共感した視聴者も多かったようで、ネット上では「ばあばの言葉名言だな。深いわ」「おばあちゃん良いこと言うなぁ」「子育て中の私にはすごく胸に刺さる言葉」「これは子どもに限らず夫婦関係にも言えることだよね」など共感の声が集まっている。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ


【Not Sponsored 記事】