【成田凌/モデルプレス=8月10日】俳優の成田凌が、10万枚に迫るヒットとなったノンストップMIXコンピレーション「確かに本気の恋だった。」の第2弾作品「確かにあの涙は恋だった。」(9月13日リリース)のCDジャケットを飾った。

同作は「確かにあの涙は恋だった。」というタイトル通り、前作と同様に着うたR全盛時代の2000年〜2010年頃に誰もが耳にした楽曲の中から、特に“泣ける”楽曲を全30曲、ノンストップMIXにて収録。涙を流すことで心身のデトックスを推奨する活動を行っている“涙活”のプロデューサー・寺井広樹氏が監修し、同氏による感涙療法的な見地からの楽曲解説が入っている。

◆成田凌が涙を流すレアショット

今回の作品は、なんといってもアートワークに注目。成田が自身のキャリアとしても初のCDジャケットモデルとして起用されている。ブックレットを含めた商品の各所に成田の撮り下ろし写真が使用され、コンセプトに合わせて成田が切ない表情で涙を流すレアショットがジャケットに選ばれた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】