【森川葵・北村匠海・佐藤寛太/モデルプレス=10月10日】女優の森川葵が10日、都内で行われた映画『恋と嘘』(10月14日公開)の公開直前ウエディングイベントにDISH//の北村匠海、劇団EXILEの佐藤寛太とともに出席した。

◆森川葵、美しいウェディングドレスで登場

結婚式場で行われたイベントに、ウエディングドレスをまとって登場した森川は「映画の撮影とかではあるんですけど、イベントで(ウェディングドレスを)着るのは初めてです。こんなにも素敵なチャペルで、こうして可愛いウェディングドレスを着て映画のお話ができるのはすごい嬉しいです」とニッコリ。

映画の内容に絡めて、結婚するにあたって外せない条件を聞かれると「私、おいしいものを食べているときがすっごい幸せなんです。あと甘いものが大好きで、自分がおいしいって感じるものを、一緒に同じ場所でおいしいって分かち合える人」と答えた。

◆北村匠海&佐藤寛太からプロポーズ

一方の北村と佐藤はタキシード姿で登場し、それぞれ森川にプロポーズする一幕も。北村は劇中の公園でのシーンを設定に用いながら「俺のすべてをかけて葵を幸せにするから、結婚してください」とシンプルに愛の言葉を贈り、森川は「ズキューンでした。初めは全然目を合わせてくれなかったんですけど、『俺のすべてをかけて葵を幸せにする』ってとこだけ、ちゃんと目を合わせて言ってくれた」と笑顔を見せた。

対する佐藤も、北村と同じシチュエーションを選択。「今日、映画楽しかったね…」と前置きしたうえで、「あのさ…。一生大事にするので、結婚してください」といきなり告白するというサプライズ効果を狙ったものの、森川は「(会場から)『え〜』ってちょっと聞こえましたよ」とおちゃめにツッコミ、会場を笑わせた。

2人からのプロポーズを受け、どちらを取るか問われた森川は、悩みながらも「選べません」と回答。佐藤については「普段一緒に喋っててめちゃくちゃ楽しいし一緒にいて楽しいけど、ああいう時に決めてくれる男らしさがない」と冗談交じりに話し、北村については「普段は喧嘩しがちだけど、ああいうところでしっかり決めてきてくれる」とコメント。「いいところが2人ともにあるから…」と選べない理由を明かしていた。

◆映画「恋と嘘」

同作は、マンガアプリで連載中の同名マンガが原作。コミックス発売後も重版を連発し、アニメも現在放送中。原作とつながりを持つアナザーストーリーとして実写映画化される。

物語の舞台は、国が国民の遺伝子情報を分析・把握し最良の結婚相手を決め、政府から「政府通知」が届く、恋愛禁止となった近未来。自由な恋愛が許されない世界に生きるヒロイン・仁坂葵を森川、葵に密かな恋心を抱く幼なじみ・司馬優翔を北村、司馬のライバルとなる葵の政府通知相手・高千穂蒼佑を佐藤がそれぞれ演じる。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】