【ちぃぽぽ/モデルプレス=11月24日】モデルの“ちぃぽぽ”こと吉木千沙都が24日、都内にて開催された映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(12月16日公開)のトークショーイベントに出演し、結婚&出産願望を明かした。

◆ちぃぽぽ、理想の結婚について語る

同作は、YouTubeに投稿された動画をきっかけに、「奇跡の結婚式」「号泣する実話」として話題となった、あるカップルに起きた奇跡の実話を映画化。目を覚まさない恋人を献身的に支え続け、苦悩しながらもひたむきに彼女を思い続ける尚志を俳優の佐藤健が、病と闘う麻衣を女優の土屋太鳳が演じ、信じる力と深い愛に満ち溢れた感動のドラマを紡ぐ。

作品内容にちなみ、8年前の夢が話題にあがると、ちぃぽぽは「(8年前は)12歳で小学校のときでしたので、ちょうど今のお仕事のモデルさんになりたいなと思っていました」といい、「中学校を卒業してすぐにこのお仕事を始めたので」と小学生のときに思い描いた夢が数年後には実現していたことを振り返った。

8年後については「結婚したいですね。28歳とか、29歳になっているので」と結婚願望を告白。結婚年齢については「理想は25歳くらいなのですが、お仕事のことを考えたりすると20代後半かなという感じですかね。色々と落ち着いたら結婚したいです」と声を弾ませた。

◆結婚式ではドレスプロデュースにも意欲

理想の結婚式では、「前は“ハワイでウェディング”に憧れていたのですが、ウェディングドレスを着てハワイで撮影したことがあって、それでちょっと満足してしまって…」と回答。「実際に自分がするとなったら、日本でお友達をみんな呼んで盛大にやりたいですね」と笑顔を弾けさせた。

ドレスについては「私は首が短いので、デコルテが出るドレスを。このお仕事をしているということもありますし、一生に一回なので、自分でデザインしたドレスも着てみたいです」とドレスのプロデュースにも意欲を見せた。

◆出産願望も明かす

そんなちぃぽぽに、「どんな家庭を作りたい?」と質問が飛ぶと、「子どもと友達感覚でいられる温かい家庭。できればですけど、私は妹がいて姉妹なので、女の子が2人いたらいいなというのが理想です」と目を輝かせた。

ちぃぽぽは妹と仲が良いそうで、「一緒にライブにいったり、遊びにいったりします」とエピソードを紹介した。

◆ちぃぽぽ、SEXYスリットドレスで登場

素肌をチラ見せしたスリットドレスで登壇したちぃぽぽは、スレンダーなスタイルで会場のファンを魅了。MCからは「天使が来たかと思いましたよね」との声も上がった。

ちぃぽぽは、焼き肉が大好きで夜中にごはんを食べてしまうこともあるそうだが、「次の日は抑えたりするなど、調整はしています」とスタイルキープ法を明かした。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】