【岡田准一/モデルプレス=12月23日】V6の岡田准一(37)と女優の宮崎あおい(32)(※「崎」は正式には「たつさき」)が24日、結婚を正式に発表したと報道があった。ここでは、岡田のこれまでの活躍をまとめる。

◆岡田准一 略歴

1980年11月18日生まれ、大阪府出身の37歳。血液型はB型。

1995年10月、「Vの炎」で俳優デビューを果たし、同年11月、V6として「MUSIC FOR THE PEOPLE」でCDデビュー。同楽曲は、同年のワールドカップバレーボールイメージソングに起用され、V6はイメージキャラクターを務めた。三宅健、森田剛とともにV6の年少組ユニット「Coming Century(略称:カミセン)」としても活動し、絶大な人気を博す。

1997年にはV6のレギュラー番組「学校へ行こう!」(TBS)が放送開始され、人気が爆発。2002年にはTBSドラマ「木更津キャッツアイ」に主演。2003年には『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』として映画化され、単独映画初主演を務めた。同シリーズは、2006年にも『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』として再度映画化されるほどのヒット作となった。

◆岡田准一、演技は俳優として高い評価

V6として活動するかたわら、映画『東京タワー』(2005)、『陰日向に咲く』(2008)、『天地明察』(2012)、ドラマ「末っ子長男姉三人」(TBS、2003)、「タイガー&ドラゴン」(TBS、2005)など幅広い作品に出演し、俳優としても高い評価を受ける。

中でも「SP 警視庁警備部警護課第四係」(フジ、2007」では、特殊能力を備えたSPを迫力のアクションで表現し、大きな話題に。

岡田は同作をきっかけに格闘技に目覚め、インストラクターの資格を取得するほどの腕前に。

映画『永遠の0』(2013)、『蜩ノ記』(2014)での演技が評価され、「第38回日本アカデミー賞」で最優秀主演男優賞と最優秀助演男優賞をダブル受賞する快挙を成し遂げた。

2014年にはNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で主演。今年は『追憶』、『関ヶ原』と主演を務めた2作が公開され、来年は『散り椿』(9月28日公開)が待機している。

2013年からは地元・枚方市のテーマパーク「ひらかたパーク」のイメージキャラクター「超ひらパー兄さん」に就任。岡田の主演映画をパロディしたポスターが制作され、注目を集めた。

◆岡田准一&宮崎あおい、2008年に夫婦役で初共演

V6メンバーの結婚は井ノ原快彦(2007年に女優の瀬戸朝香と)、長野博(2016年に女優の白石美帆と)に続き3人目。

宮崎とは2008年公開の映画『陰日向に咲く』にて夫婦役で初共演。2012年に映画『天地明察』で再び夫婦役を演じた。

報道によると、2015年春より交際に発展したという。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】