【中島健人/モデルプレス=12月23日】Sexy Zoneの中島健人が23日、都内で行われた主演映画『未成年だけどコドモじゃない』の公開初日舞台あいさつに、女優の平祐奈、英勉監督とともに登壇した。

この日の朝、大みそか放送の「第68回 NHK紅白歌合戦」の曲目と曲順が発表され、Sexy ZoneとHey! Say! JUMPが白組歌手として出場することから、舞台挨拶中にも“速報”が。中島は「ねんちーが所属するHey! Say! JUMPさんがトップバッターと聞きました。この『未成年だけどコドモじゃない』も、トップを獲りたいなと思っています!僕はねんちーと一緒に白組として頑張りますので、よろしくお願いします」と知念との健闘を誓った。

知念は自身のコンサートが名古屋で開催されるため舞台挨拶は欠席となったが、サプライズでビデオメッセージが到着。24日には、名古屋で知念を含めた舞台挨拶が実施される。「一足先に名古屋で待ってます」とコメントする知念を見て、まったく聞かされていなかった中島は「嬉しい!スーパーサプライズ。ねんちーサプライズ。感激です」と喜んだ。

◆人気少女コミックを実写映画化

原作は「今日、恋をはじめます」などで知られる水波風南氏の同名人気少女漫画。今作は結婚から恋愛をスタートさせた斬新な意欲作で、中島と知念がグループの枠を越え、平演じるヒロインをめぐり恋愛バトルを繰り広げることで話題を呼んでいる。

中島は文武両道で学校イチのモテ男な“王子様”である一方、ある秘密を持ってヒロインと愛のない結婚をする謎多き男・鶴木尚、平は苦労を知らない天真爛漫なお嬢様で、16歳の誕生日に突然憧れの尚先輩と結婚することになったヒロイン・折山香琳、そして知念はヒロインに想いを寄せる幼馴染の超お金持ちで、尚と香琳に離婚を迫る海老名五十鈴をそれぞれ演じる。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】