【宮崎あおい/モデルプレス=12月24日】女優の宮崎あおい(32)(※「崎」は正式には「たつさき」)とV6の岡田准一(37)が24日、結婚を正式に発表したと報道があった。ここでは、宮﨑のこれまでの活躍をまとめる。

◆宮崎あおい 略歴

1985年11月30日生まれ、東京都出身。血液型O型。幼少期から子役として活動。『EUREKA(ユリイカ)』(2001)で映画デビューを果たし、ヒロインを演じた『害虫』(2002)では第23回ナント三大陸映画祭コンペティション部門主演女優賞を受賞。

以降も、『NANA』(2005)、「ただ、君を愛してる」(2006)、『サッドヴァケイション』(2007)、『少年メリケンサック』(2009)など話題作に多数出演。日本アカデミー賞ノミネートの常連となり、日本が誇る演技派女優に。

映画を中心にキャリアを重ねたが、2006年にはNHK連続テレビ小説「純情きらり」のヒロインにオーディションではなく直々のキャスティングにより抜擢。2008年には当時史上最年少でNHK大河ドラマ「篤姫」で主演を務めた。

声優としての評価も高く、劇場版アニメ『おおかみこどもの雨と雪』(2012)、『バケモノの子』(2015)などで高い評価を得ている。

2016年に出演した映画『怒り』では、役作りのため1ヶ月で7キロ増量。繊細さと危うさを感じさせる女性を見事に演じきり、大きな話題を呼んだ。

プライベートでは2007年に俳優の高岡奏輔と結婚したが、2011年に離婚している。

◆岡田准一&宮崎あおい、2008年に夫婦役で初共演

岡田とは2008年公開の映画『陰日向に咲く』にて夫婦役で初共演。2012年に映画『天地明察』で再び夫婦役を演じた。

報道によると、2015年春より交際に発展したという。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】