【滝沢カレン/モデルプレス=12月24日】23日放送の「有吉大反省会 2時間スペシャル」(日本テレビ系、よる21:00〜)にモデルの滝沢カレンが出演。11月に同局系バラエティ番組「ナカイの窓」(毎週水曜よる23:59〜)でゲストMCに抜擢された際の逸話を語る場面があった。

◆滝沢カレン、視力が悪いのに裸眼を貫く

滝沢は「実はメガネをかけないと周りのものが見えにくいのに、メガネをかけずにテレビに出続け、スタジオのカンペを見えるふりをしていたことを反省します」と、視力が悪いままテレビ収録に参加していたことを告白。

MCの有吉弘行のことすら「フォルムで有吉さんと見分けるくらい…」とかなり目が悪い様子の滝沢。有吉からは早速「どうりで酷いと思ったよ!」とヤジを飛ばされることとなった。

◆滝沢カレン、カンペは「大きく書いて下さい」 スタッフに懇願

スタッフが差し出すカンペも「スタッフがぱちぱちやってんなと思って」「誰かが読んでくれるだろうと」とどうにか過ごしていたものの、ひとりでMCをする番組ではどうしようもなくなり「大きく書いて下さいって言っちゃった」と言う滝沢。そこではじめて滝沢が目が悪いことがばれてしまったのだそう。

◆滝沢カレン「ナカイの窓」をきっかけにメガネを

その後「ある莫大な番組の、すごい番組のゲストMCをやることになって」と滝沢が口にしたのが、11月にゲストMCとして大抜擢された「ナカイの窓」。さすがに前回のようなことにはなってはいけない、とこのMCをきっかけにやっとメガネを作ったことを告白した。

◆コンタクトはNGだけどピアスはOK?

その後有吉から「コンタクトじゃだめなの?」と聞かれた滝沢。「親からもらった体に物を入れるなんて考えられない」とコンタクトにしない理由を即答したものの、ピアスについて聞かれると「あ、ピアスは全然開けてます」とさらり。

大爆笑するスタジオの中、有吉には「お前マジでいい加減にしろよ!」と叱られてしまうこととなった。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】