【水川あさみ/モデルプレス=12月24日】女優の水川あさみが、24日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系/あさ7時)に出演。同局系4月期ドラマ『人は見た目が100パーセント』で共演した桐谷美玲・ブルゾンちえみとトークを繰り広げ、恋愛・結婚観を語った。

◆水川あさみは男性に対して「スーパーラフ」?

放送がクリスマスイブ当日ということで、「クリスマスにもし異性と過ごすなら?」という話題に。付き合う前の微妙な状態の場合、異性を誘えるかブルゾンから聞かれた水川は「クリスマス何してるの?」と何気なく聞いてしまうと回答した。

水川とは真逆で、自分からは絶対に言い出せないというブルゾンは水川に対し、「ドラマ一緒にやって思いましたけど、スーパーラフ。男子に対して接し方が」と水川の男性キャストや男性スタッフなどへの対応について感心した様子で証言。

「心のほぐし方とか入っていくのが意識せずにやってるのがすごい」と尊敬の眼差しを向け、桐谷も「それは本当に思う」と同意した。

◆告白も「すぐ言う」「止まらなくなる」

また、水川は告白も「すぐ言う」と自分からしてしまうそうで、「隠せないから好きってなったらすぐに気持ちを伝えてどうかってことを確認したい」と断言。

ブルゾンが「自分の好き度がどれくらいになったらいうの?」と尋ねると、「向こうも私を『ちょっと好き』って思ってくれてるって思うくらいになったら言う。止まらなくなる、早くどうにかしたいって思っちゃうタイプ」と答え、桐谷がその様子に「でもそれも可愛いよね〜」とコメントすると、水川は「可愛いかも」と自画自賛し、笑いを誘った。

交際してから別れについても、「本当に『この人とは無理なんだろうな』って思うまでは結構頑張る。本当に駄目だなって思ったらサヨナラだね」と自分から切り出すことがあるよう。

結婚観については、「してみたいなとは思うけどどんどん薄れてきたかも」と吐露し、「30入る前の方がもっと現実味がなくて」という水川は現在34歳。「結婚というものが現実としてあるじゃん。そうなると、うーん…」と逆に結婚への憧れが減ったことを打ち明けた。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ


【Not Sponsored 記事】