【中村アン/モデルプレス=1月11日】モデルで女優の中村アンが、TBS火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』(1月16日スタート/毎週火曜よる10時)に出演することがわかった。

原作は若い女性たちから高い支持を得ている女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」で連載中の天堂きりんによるコミック「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」(祥伝社フィールコミックス)。

自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう主人公・小川今日子(通称:キョドコ/吉岡里帆)が、漫画編集者・吉崎幸次郎(桐谷健太)と大学時代の先輩・星名漣(向井理)、2人の対照的な魅力を持つ男性の間で揺れ動く様を描いていく。

◆「きみが心に棲みついた」中村アンの役柄

中村が演じるのは、ドラマ唯一のオリジナルキャラクターで、ラノベ作家として活躍している美女・成川映美。吉崎の大学の後輩で、文芸サークルでは彼からアドバイスを受けていた。

学生時代は吉崎と付き合っていたが、就職後に書いた作品がいきなりヒットし、作家として成功を引き換えのように別れを告げられる映美。しかし、同じ出版業界にいることもあり、たびたび吉崎の前に現れては思わせぶりな言動をとる。

◆中村アン「失恋の懐かしい経験が…」

「今日子×吉崎×星名」という三角関係が物語の主流ではあるが、「吉崎×今日子×映美」という三角関係の行方も注目どころ。中村本人も「元彼の吉崎を想う切なく複雑な気持ちと、映美がどうなっていくのかこれからの展開がすごく気になっています」と関心を寄せ、「私自身も学生時代に好きなまま終わってしまったという失恋の懐かしい経験が役柄と重なり蘇ってきました(笑)。恋愛模様に絡んでいくという役は初めてなのでしっかり表現できるよう頑張ります」と意気込んだ。

また、佐藤敦司プロデューサーは「かっこいい女性としての魅力、そして思わず男性がドキッとしてしまう素敵な笑顔をもつ中村アンさんに、ぜひこの役を演じていただきたいと思いました」と映美役に起用した理由を説明。中村に「奇妙でどこか“いびつ”な三角関係ラブストーリーに宣戦布告し、さらにドラマをかき混ぜていただききたいです!」と期待した。(modelpress編集部)

■中村アンコメント

本を読み始める前から『きみが心に棲みついた』というタイトルがとても気になって、今回この作品に参加させていただけることがすごく楽しみです。

私は原作には存在しない“吉崎の元彼女”という役柄です。今日子との三角関係に、元彼の吉崎を想う切なく複雑な気持ちと、映美がどうなっていくのかこれからの展開がすごく気になっています。私自身も学生時代に好きなまま終わってしまったという失恋の懐かしい経験が役柄と重なり蘇ってきました(笑)。恋愛模様に絡んでいくという役は初めてなのでしっかり表現できるよう頑張ります。

■佐藤敦司プロデューサーコメント

中村アンさんに演じていただく成川映美は、知的な雰囲気が漂う才能あふれる女性作家です。そして桐谷健太さん演じる吉崎の元カノで、今でも未練があり、別れたことを後悔しています。

かっこいい女性としての魅力、そして思わず男性がドキッとしてしまう素敵な笑顔をもつ中村アンさんに、ぜひこの役を演じていただきたいと思いました。奇妙でどこか“いびつ”な三角関係ラブストーリーに宣戦布告し、さらにドラマをかき混ぜていただききたいです!


【Not Sponsored 記事】