【明日花キララ/モデルプレス=1月26日】恵比寿マスカッツ1.5のメンバーの明日花キララが25日、SNSで“ふわふわピンクメイク”を紹介し「かわいすぎる」「真似したい」と反響を得ている。ここでは、常に最新アイテムを取り入れている明日花直伝の“すぐマネしたくなる”ピンクメイクとパープルメイクを紹介する。

◆明日花キララ“ふわふわピンクメイク”

【ふわふわピンクメイク/使用コスメ】

チーク:ランコム(スウィートマカロン ブラッシュ&ブレンダー/01 ローズホイップトクレームブラッシュ&ピスタチオブレンダ―※限定品)

マスカラ:ルナソル(フェザリーラッシュマスカラ/EX02 Reddish Brown※限定色)
アイライナー:インテグレート(キャットルック リキッドライナー/BR660ブラウン)

上瞼シャドウ:3CE(デュオシャドウ/#LUCKY SEVENTH)
上瞼シャドウ(2):ルナソル(マカロンニュアンスアイズ/EX01 Peach)

下瞼ラメ:茶色のラメ(ブランド不明)
下瞼ラメ(2):3CE(アイスイッチ/#STUCK)

リップ(全体):ANNA SUI(F303)
リップ(内側):ANNA SUI(F302)

アイラインは、茶色のアイライナーを使用して柔らかさを演出。まん丸な目を意識しながらラインを引く。

上まぶたのシャドウは、3CEのオレンジを目頭から真ん中まで塗り、ルナソルのピンクを目尻にたっぷりと塗り、オレンジとピンクでグラデーションを作る。

下まぶたは茶色のラメをベースに塗り、涙袋の中央部分に3箇所程度ちょんちょんと3CEのラメを重ねる。

チークのポイントは、スポンジで目の下にNIKEマーク(チェックをイメージ)を意識してトントンと叩き込むこととしている。

また、「更にピンクメイクを極められる」というアイテムとして2018年の最新コスメでDiorのピンクのアイシャドウパレット(サンク クルール/887 スリル※限定品)も愛用しているという。

◆明日花キララ“クールパープルメイク”

【クールパープルメイク/使用コスメ】

チーク、アイライナー、マスカラはピンクメイクと同じコスメを使用。

シャドウ:ルナソル(マカロンニュアンスアイズ/EX08 Lavender)
シャドウ(2):ランコム(ラ パレット サン ジェルマン※限定品)
シャドウ(3):ジバンシィ(プリズム アイズ カルテット/#3 イナタンデュ)

リップ:シャネル(ルージュアリュール/99)
リップ(2):シャネル(ルージュアリュールインク/152)
リップ(3):RMK(リップジェリーグロス/ワンダーブルー)

「紫のシャドウを使って、クールな女性を表現してみました!」(明日花)というパープルメイクでは、3つのブランドのパープルシャドウを使用し、濃淡をつけている。

アイシャドウは、ルナソルの明るいパープルをベースにし、ランコムのパレットのダークパープル(一番右)を目尻にオン。ジバンシィのパープル(右下)を目尻のキワに乗せ、クール感をアップ。

リップはシャネルを重ね付けし、馴染ませるようにRMKのブルーグロスを乗せていく。

「最近はメイク道具も可愛くオシャレに撮りたくて、スタイリストさんと一緒にオシャレに撮影することにハマってます!」という明日花。Instagramではそんな明日花の最新メイクやファッション事情を随時チェックすることができる。

◆明日花キララ プロフィール

あすか・きらら。1988年10月2日生まれ、東京都出身。ファッションセンスやメイクテクニックなども注目をあび、男性のみならず女性ファンも多いことでも知られている。

現在明日花はブランド「+celr on the BASE」(プラセル・オン・ザ・ベース)を立ち上げており、26日のよる8時より同ショップの公式サイトから新作となるファーチャームを限定販売。明日花のオリジナル限定チェキもプレゼントされる。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】