【MISS UNIDOL/モデルプレス=2月15日】14日、東京・新木場STUDIO COASTにて、大学対抗女子大生アイドル日本一決定戦「UNIDOL(ユニドル)2017-18 Valentine」が開催。その中でUNIDOL出場者たちの“一番かわいい”を決めるコンテスト「MISS UNIDOL CONTEST 2017-2018」(ミスユニドル)の結果発表が行われ、各賞が決定した。

ミスユニドルでは、アイドルコピーダンスに大学生活の青春をかけるUNIDOL出場者たちの“一番かわいい”を決めるべく、2017年12月から予選がスタート。この日はファイナリスト10人が最終審査に挑んだ。

本記事では、準グランプリ(1人)、審査員特別賞(2人)に輝いた3人をプロフィールと受賞の感想とともに紹介する。

◆準グランプリ・今井利奈

大学:慶應義塾大学
グループ:それからふくらむ可愛い頬を、

生年月日:1997年11月10日
出身地:東京都
血液型:A型

― 受賞の感想は?

大好きなユニドルでこういう素敵な賞をいただけて光栄だと思ってます。SHOWROOMも右も左も分からないのに応援してくださる方がいて、この活動を通して新しく知ってくださる方もいたりと、人とのつながりの温かさを実感しました。本当はグランプリがほしかったけど 皆さんに頂いた準グランプリが今とってもとっても嬉しいです。

― 将来の夢は?

アナウンサーになりたいです。もともと人に伝えることが好きで、小さい頃は歌とダンスをやってました。ですが年齢が上がってくるにつれて、自分の表現で皆さんに伝えたい思いが芽生え、アナウンサーになりたいと思いました。

◆審査員特別賞・春山渚

大学:青山学院大学
グループ:花色日和
生年月日:1995年6月23日

― 受賞の感想は?

まさか賞を頂けるとは思ってもみなかったので、光栄です。もともと出場したきっかけは、私のチームが新規チームなので、もっと多くの人に知ってもらいたい気持ちがあって挑戦しました。今回の活動を通して応援してくれる方が増え、チームとしても初めて決勝に進めたので、少しでもチームのちからになれてたらうれしいです。

― 将来の夢は?

私はお洋服のブランドのプレスになることが夢です。実際に4月からアパレル企業に就職するので、自分がブランドの顔となって、良さを伝えていきたいです。芸能界はちょっと怖いかな(笑)。

◆審査員特別賞・横垣萌々子

大学:大阪大学
グループ:三度の飯より恋し隊

生年月日:1996年10月21日
出身地;愛媛県
血液型:O型

― 受賞の感想は?

始まったときとかは不安でいっぱいで、コンテストも初めてだったので私が出ていいのかなって思っていたんですけど、SHOWROOMでの配信を通して、応援してくれる人がこんなにいるんだと、準決勝、決勝と回を重ねるごとに実感しました。だから何かを獲って帰りたいと思っていたので、この賞はすごく嬉しいし、これからの糧になるかなと思います。

― 将来の夢は?

人の前の立つ仕事がしたいです。

◆“一番かわいい”女子大生アイドルを決定「MISS UNIDOL CONTEST 2017-2018」

「普通の女子大生が、一夜限りの“アイドル”としてステージに立つ」というコンセプトのもとでコピーダンスイベントを開催している「UNIDOL」。

今回は11回目の開催を迎えたが、出場者の中で一番かわいいを決める「MISS UNIDOL」は今年始めて行われた。

見事グランプリに輝いたのは明治大学の佐藤さやかさん、準グランプリには慶応義塾大学の今井利奈さん、モデルプレス賞には東京大学のやほまるさん、審査員特別賞には青山学院大学の春山渚さん、大阪大学の横垣萌々子さんが輝いた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】