【北村匠海・新田真剣佑/モデルプレス=4月17日】17日、都内にて映画「OVER DRIVE」(6月1日公開)の完成披露舞台挨拶&スペシャルステージが行われ、主演の東出昌大のほか新田真剣佑、森川葵、北村匠海(DISH//)、町田啓太、要潤(舞台挨拶のみ)、羽住英一郎監督らが登壇した。

◆北村匠海&新田真剣佑が仲良すぎ

新田演じる天才ドライバー・檜山直純のライバルである新海彰を演じた北村。これまでにも共演が多く、仲が良いことで知られるが、この現場でもそれは変わらずだったよう。

新田は北村がいない間、現場にあった大きな北村の顔写真の頬をぷにゅぷにゅしていたそうで、「かっこいいの、これ。すごいかっこいいんだ」と惚れ惚れ。北村は「俺がいないとこですなよ!」と照れ笑い。

また、森川はどちらかが現場にいない時「もしもし匠海ちゃん?」などと電話している2人の姿を目撃しており、町田も「ずっと2人で喋ってて、なんか距離近いなぁって(笑)」と親密ぶりを証言。「バレましたか」と笑った北村が「電話をマッケンがかけてくる。しかも決まってテレビ電話」と明かすと、会場からは悲鳴が。「だって顔みたいじゃないですか」という新田の返答でより歓声も大きくなったところで、北村が「なんか異様な空気になってきたからそろそろ…(笑)」と話題を終わらせた。

◆映画「OVER DRIVE」

同作は公道を全開走行で駆け抜ける最も過酷な自動車競技『ラリー』を題材に、若者たちの熱い絆と愛を描いた作品。同じく極限状態での挑戦を描いた「海猿」シリーズを手がけた羽住監督が圧倒的なスペクタクル映像で描き出す。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】