【越智志帆・金澤ダイスケ/モデルプレス=4月17日】Superflyとして活躍する歌手の越智志帆(34)が17日、フジファブリックの金澤ダイスケ(38)と結婚したことを自身のオフィシャルHPにて発表した。

◆Superfly・越智志帆、フジファブリック・金澤ダイスケと結婚

オフィシャルサイトでは、本人コメントとして「突然のご報告となりますが、私Superfly 越智志帆は、フジファブリック 金澤ダイスケさんと結婚いたしました」と報告。

「穏やかで、思いやりがあり、とってもユニークな方です」と紹介し、「出会って1年ほどですが、おじいちゃん・おばあちゃんになっても笑って楽しく過ごせる気がしています。これからの毎日、嬉しい事、楽しい事、悲しい事、苦しい事、、、色んな場面があると思いますが、陰ながらサポートしていけたらと思っております」と決意。

今後の活動については、「環境は変わりますが、今まで以上にエネルギッシュな楽曲や歌声をお届けしたいと思っておりますので楽しみにしていてください」と綴っている。

◆越智志帆は「誰からも愛される、聡明で人間的にとても尊敬できる方」

また、金澤もグループのオフィシャルサイトにて「私事ではありますが、本日2018年4月17日にSuperfly 越智志帆さんと入籍したことを、ここに報告させていただきます」と発表。

「志帆さんは、誰からも愛される、聡明で人間的にとても尊敬できる方です。これからの長い人生、更に気を引き締めていかねばと思う次第です」と思いを明かし、「来年にはフジファブリックがデビュー15周年を迎えます。今まで以上に頑張らなければという気持ちでおります」と気を引き締めた。

◆音楽シーンで活躍

Superflyは、2007年にシングル『ハロー・ハロー』でデビュー。デビュー当初からライブパフォーマンスへの評価も高く、2009年にはニューヨーク郊外で行われたウッドストック40周年ライブに日本人として唯一出演し、ジャニス・ジョップリンがかつて在籍したBig Brother&The Holding Companyと共演した。2016年には、体調不良のため活動を休止。2017年11月に約1年8か月ぶりに復活を果たし、年末には「第68回 NHK紅白歌合戦」に出場した。

2011年夏より山内総一郎(Vo/Gt.)、金澤(Key)、加藤慎一(Ba)の新体制で本格始動したフジファブリックは、叙情性と普遍性と変態性が見事に一体化した、シーン屈指の個性派ロックバンドとして活躍。2018年2月からは全国ツアー「フジファブリック LIVE TOUR 2018 “帰ってきた!!三日月ADVENTURE”」を開催している。(modelpress編集部)

■Superfly 越智志帆コメント全文

いつも応援ありがとうございます。

突然のご報告となりますが、私Superfly 越智志帆は、フジファブリック 金澤ダイスケさんと結婚いたしました。穏やかで、思いやりがあり、とってもユニークな方です。

出会って1年ほどですが、おじいちゃん・おばあちゃんになっても笑って楽しく過ごせる気がしています。これからの毎日、嬉しい事、楽しい事、悲しい事、苦しい事、、、色んな場面があると思いますが、陰ながらサポートしていけたらと思っております。

環境は変わりますが、今まで以上にエネルギッシュな楽曲や歌声をお届けしたいと思っておりますので楽しみにしていてください。

突然のご報告で驚かせてしまいましたが、温かく見守っていただければ幸いです。

これからの皆さんの毎日に、幸あれ!

Superfly 越智志帆

■フジファブリック 金澤ダイスケコメント全文

いつもありがとうございます。

私事ではありますが、本日2018年4月17日にSuperfly 越智志帆さんと入籍したことを、ここに報告させていただきます。

驚かせてしまっていると思いますが、はっきり言って僕も驚いています。思えば38歳、気がつけば38歳、いろんな事があるものです。

志帆さんは、誰からも愛される、聡明で人間的にとても尊敬できる方です。これからの長い人生、更に気を引き締めていかねばと思う次第です。

来年にはフジファブリックがデビュー15周年を迎えます。今まで以上に頑張らなければという気持ちでおります。

まだまだ未熟者ではありますが、温かく見守っていただけたらと思います。

これからも、どうぞよろしくお願いします!

2018年4月17日
金澤ダイスケ

【Not Sponsored 記事】