【永尾まりや・松本愛/モデルプレス=6月1日】元AKB48のメンバーで、モデルや女優として活動している永尾まりや、雑誌「JELLY」専属モデルの“まあぴぴ”こと松本愛が1日、都内で行われた長編VRドラマ「ハナビ:HANAtypeB」のプレミアム発表会に、共演の上原一翔、パークマンサー、阿部祐二、永田卓也とともに出席した。

世界初の長編VRドラマである同作は、ヒューマノイド・ハナビ(永尾)と平凡な青年・健二(上原)が繰り広げるVR専用恋愛ドラマで、360度の3人称視点と没入感のある1人称視点を絶妙に交差させて、今までVRの実写コンテンツでは経験できなかったInteractive要素を導入し、ユーザーの選択がシナリオの展開に影響を与えるよう追及されている。

◆永尾まりや?松本愛?本人前に選択迫られ困惑

松本は「私が出演したシーンで、元彼の健二君に『私なの?ロボットを選ぶの?当然、私を選ぶよね!』ってシーンがあるんですけど、実際にユーザーさんが(ストーリーを)選択することができて、そのあとのシーンに影響するんです」と紹介。

MCから「ユーザーはどっちを選ぶと思う?」と質問された上原は「そんな難しい質問をしますか?この2人を前にして…」と困惑。これに永尾は「どっちなのよ!」と追い込み、松本は「私だったらまりやを選ぶ」とコメント。

そして、決断を迫られた上原は「ハナビってものすごく高性能のヒューマノイドで、料理もできて、炊事洗濯もできて、人の言葉も心も理解できるので、こういう子が身近にいてくれたらいいですね」と回答。

永尾から「なんでもやってくれる完璧な女性が好みなんですか?」と追及されると、「実際ハナビって完璧ではあるんですけど、おちょこちょいなところがあったり、人間の心がわからないところがあるから、努力しているところに男心がキュンと来ちゃうんじゃないかなと思ってハナビを選びました」と理由を明かした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】