【東出昌大/モデルプレス=6月5日】俳優の東出昌大が、5日放送のフジテレビ系情報番組「めざましテレビ」(毎週月〜金曜あさ5時25分)にVTR出演。自身の内面について赤裸々に明かした。

◆東出昌大「僕は器用じゃない」

VTRでは、同局・軽部真一アナウンサーが東出にインタビュー。現在映画・ドラマに引っ張りだこの日々を過ごしている東出だが、「僕は器用じゃないし、すぐパンクしそうになる」と本音を明かした。

「若い役者さんで、役柄パッパパッパ変わってて、よく出来るな…と思う」と話すと、具体的な名前として菅田将暉、池松壮亮、山崎賢人、福士蒼汰を挙げた東出。自身は「オレもうだめだ〜〜」とマネージャーにすぐ言うこともあるといい「器用にやっている人たちに追いつくためには、自分はしっかり準備をしないといけない」と準備期間を大切にしていることも語った。

◆「本性はもっともっと黒い」内面を赤裸々に語る

そんな東出は、俳優デビュー当初から冷ややかな感情を内側に秘めているような役柄が多い。そのような役について本人は「好きです」と話す。

理由について「僕ちょっと、狂気的なところが自分の本性にあると思うんです」と素直に語った東出。「こうやってテレビに出させていただいたりとか、感じよくいたいと思うから、結構笑ってたりもすると思うんですけど、ちょっと怖い言い方のようですけど、どこか演じている自分だし、多分、本性はもっともっと黒くて、なんか薄気味悪いところをたくさん持っている人間なので」と本心をオープンに。

VTR後、スタジオで軽部アナは「全て率直に語ってくれて、東出さんが大好きになりました」とその印象を称賛していた。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】