【生田絵梨花/モデルプレス=11月20日】乃木坂46の生田絵梨花(いくたえりか・21)が3年ぶりとなるセカンド写真集『タイトル未定』(講談社)を2019年1月22日(火)に発売することがわかった。

◆生田絵梨花、セカンド写真集はアメリカ・ニューヨークで撮影

撮影は今年9月、アメリカ・ニューヨークで7日間にわたってロケを敢行。乃木坂46の活動と平行して、ミュージカル作品にも多数出演する生田の希望も反映され、ブロードウェイやタイムズスクエアなどでも行われた。ニューヨークの街並みを舞台に、いきいきと躍動する姿が多数収められている。

◆生田絵梨花、初のランジェリーショットなど様々な“初挑戦”

ドイツ・デュッセルドルフで生まれ、ピアノの腕前も抜群、乃木坂46イチの“お嬢様”ともいわれる生田だが、今回の写真集ではこれまでのイメージを一新。自身初のランジェリーショットで女性も憧れるグラマラスなスタイルを披露、さらに過去最高のスペシャルカットなど、様々な“初挑戦”で21歳の大人の魅力を打ち出している。

生田は「ここまでの表現をするのは、本当に初めてなので、みなさんがどういう反応をするのか、ちょっぴりドキドキしていますが、とても素敵な作品になったと思うので、楽しみにしていてください!」と呼びかけた。

◆白石麻衣写真集『パスポート』を手がけたカメラマンが撮影

軒並みヒットを続ける乃木坂46メンバーの写真集だが、生田は2016年1月に発売したファースト写真集『転調』が同年のオリコン上半期ランキングで1位を獲得した、乃木坂46の“初代写真集女王”。今作では“今世紀最大のヒット作”乃木坂46・白石麻衣写真集『パスポート』を手がけたカメラマン・中村和孝が撮影を担当しており、新たな傑作が誕生しそうだ。

◆生田絵梨花コメント「ちょっぴりドキドキしています」

3年ぶりに、写真集を出させていただくことになりました。撮影場所は、アメリカ・ニューヨークです。ミュージカルの本場、ブロードウェイでも撮影し、人生の思い出になるような、とても印象的な写真が撮れました!

前作を出したときは10代だったのですが、もう21歳になったので、大人っぽい一面や、自由な一面など、いろんな表情を見てもらえたらと思い、いままでやったことのない“初挑戦”をたくさんしています。

ここまでの表現をするのは、本当に初めてなので、みなさんがどういう反応をするのか、ちょっぴりドキドキしていますが、とても素敵な作品になったと思うので、楽しみにしていてください!

(modelpress編集部)

◆生田絵梨花・写真集『タイトル未定』

【発売日】2019年1月22日(火)
【撮影】中村和孝
【出版社】講談社
【ロケ地】アメリカ・ニューヨーク
【体裁】オールカラー160P/ソフトカバーB5版変形
【写真集公式ツイッター】@erika_newyork

◆生田絵梨花(いくた・えりか)プロフィール

1997年1月22日生まれ。A型。ドイツ・デュッセルドルフ出身。2011年、乃木坂46の1期生として活動開始。10thシングル『何度目の青空か?』でセンターを務めるなど、常にグループの中心的メンバーとして活躍。アイドルとしての活動以外に『レ・ミゼラブル』や『ロミオ&ジュリエット』など多数のミュージカル作品にも出演。ピアノの腕前も抜群、乃木坂46イチの才色兼備であり、天真爛漫な魅力で多くの人々を魅了している。


【Not Sponsored 記事】