【アリアナ・グランデ/モデルプレス=12月7日】米ロサンゼルスで現地時間6日、音楽界で活躍する女性を讃える「ビルボード・ウィメン・イン・ミュージック(Billboard Women In Music)2018」が開催。米歌手のアリアナ・グランデが、今年最も輝いた女性スター「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」となった。受賞スピーチで「今年は私のキャリアで最高の年であり、人生最悪な年の1つでした」と語ったアリアナ。ここでは彼女の“波乱と栄光”の2018年をプレイバック。

◆マック・ミラーさんと破局後、すぐに“電撃婚約”

2017年5月、英マンチェスターでライブ会場爆破テロ事件という悲劇を経験したアリアナ。そして今年5月、同テロ事件後も常に彼女のそばにいた元恋人の米ラッパー、マック・ミラーさんとの破局が報じられた。

その直後、マックさんが飲酒運転・当て逃げの容疑で逮捕され、アリアナ自身も彼のアルコール依存に悩まされていたことが世界的に明らかとなる。

しかしアリアナは、すぐにコメディアンで俳優のピート・デヴィッドソンと交際。マックさんとの破局から約1ヶ月後の6月中旬には、ピートと電撃婚約したことが報じられた。

◆アリアナ・グランデ&ピート・デヴィッドソンの“熱々ぶり”世界が注目

その後2人は、熱々すぎる大型カップルとして世界中の注目の的に。自身のSNSでラブラブ写真を公開するだけでなく、どこに行くにでもピタリと寄り添い、お互いをシンボライズしたタトゥーをいくつも入れるなど、とにかく幸せオーラに満ち溢れていた。

◆“幸せ絶頂”4thアルバム『Sweetener』がヒットを記録

8月、アリアナはファン待望の4thアルバム『Sweetener』をリリース。同作は米ビルボードのメインアルバムチャート【Billboard 200】で自身3度目の1位を獲得し、私生活でもキャリアでも、絶頂の時期を過ごした。

アルバムに収録された「God is a woman」のMVのメイキング映像には、ピートと人目もはばからずキス・ハグを連発し、「私のフィアンセよ」と幸せそうに伝える彼女の姿が映されている。さらに同アルバムには「ピート・デヴィッドソン」という“そのまますぎる”タイトルの曲も含まれ話題に。

◆アリアナ・グランデを襲った悲劇 元恋人の死…婚約者との破局…

しかし9月、彼女を悲劇が襲う。元恋人のマックさんが、薬とアルコールの過剰摂取によって急死したのだ。マックさんの死以降、明らかに憔悴した様子だったというアリアナ。そして翌10月、婚約者・ピートとの破局が報じられた。

◆アリアナ・グランデ“音楽”で栄光を手に

しかし、そんな中でも彼女は悲みに打ちひしがれるだけで終わらなかった。11月4日、何の前触れもなく新曲「thank u, next」を発表。同曲の中で彼女は、歴代の元恋人の名前を列挙。それぞれに対して一言ずつメッセージを送り、「ありがとう、次にいくわ」と今後も自身の人生を歩んでいく決意を示した。

そして同曲は、これまでワールドスターの彼女をもってしても成し遂げられていなかった、米ビルボードのメインシングルチャート【Billboard Hot100】にて初めて1位を獲得。さらに同曲のミュージックビデオは、公開から24時間の再生回数で、世界歴代1位を記録したという。

◆アリアナ・グランデ、未来に希望

数々のスキャンダルに見舞われたアリアナは、最後に音楽で世界中の人々の心を動かした。

彼女はスピーチで「私は『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』に選ばれ、すごいことをやってのけたのかもしれないけれど、自分自身では今何をやってるのかもよくわからないの。だからこれだけは言いたいです。もし未来が見えなかったとしても、あなたは決して一人じゃない」と言葉をつまらせた。

涙をこらえ、彼女は笑顔で「これから私の未来に何が起こるのか楽しみです」と語った。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】