【菊地亜美/モデルプレス=3月13日】タレントの菊地亜美が13日、都内で開催された「ライザップ」の新CM発表会に出席し、引き締まった水着姿を披露した。

およそ4か月で体重10.5キロ、体脂肪6.6%、ウエスト20cmを落としたという菊地は「今まで太ってたときに、『え、妊娠してるんですか?』みたいな、やばめな記者の方とかいたんですね(笑)。『妊娠ですか?』みたいな。『それ、私じゃなかったらやばいですよ』と思いながら『違いますよ〜』って言っていたんです」と回想。

「でもやっぱり、太ってるまま、もし妊娠していたら、どうしてもやっぱり、お腹の中に赤ちゃんができたら、10キロとか増えちゃうじゃないですか。だからその前に痩せたいという気持ちもあった」と言い「今後、まだ全然考えてはないですけど、これから子どもとかできたらいいなと思っている」とも。子どものイメージについては「私が三人兄弟なんですけど、三人って、お母さんとかお父さんとか大変だっただろうなと思うので、二人がいいですね。男と女が欲しいです」と明かした。

◆菊地亜美、ダイエット前を振り返る

そんな菊地は、太っている頃の姿を収めたパネルを見ながら「私も自分自身でこの人を見たら言っちゃいますもん。絶対。『あれ、妊娠してるのかな?』って」と自嘲。「いきなり太ったっていうよりかは、徐々に徐々に蓄積されて太ったので。アイドル卒業してから」とのことで「自分でもこんなに太ってるってよくわからなくて、気づかなくて。徐々に痩せ始めたら、周りから『あれ、ちょっと痩せた?』って言われるようになって。『痩せるとメリットしかない』と思って、どんどん痩せられましたね」と振り返った。

パネルのお腹はCGではないそうで「わざと出してんじゃない?って思うじゃないですか。これマジですからね。本当に(笑)。私の携帯で撮ったのも、このまんまでしたもん。もう、びっくり。何だったら、これの中の一番いい映りにしてくれてると思います」と言い「一回、番組に出たときに、太りすぎて放送事故ってネットの記事になったんですよ。放送事故ってなって、それでさすがにやばいなって思いました」とも明かしていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】