【モデルプレス=2019/08/08】恋愛バラエティー『あいのり』シリーズの第3弾、『あいのり:African Journey』が2019年9月5日よりNetflixで全世界190か国にて配信決定(FODは2019年10月5日より)。追加スタジオMCが発表された。

先日、ベッキーのみ解禁になっていたスタジオMCに、新たに加藤諒、武田航平、丸山桂里奈が参加することが決定。

「あいのり:Asian Journey」シーズン2にゲスト出演した武田は、過去のシリーズでの印象に残ったシーンやメンバーについて、「あいのり:Asian Journey」で5カ国目のマレーシアから合流した次期社長になる予定ということから【社長】というニックネームの男性メンバーをセレクトし、「社長が好きでした。社長とシャイボーイという、普通に生きてきたら交わることのない2人が、ラブワゴンで友情を育んだ、あいのりならではの男同士の友情に、むちゃくちゃ感動しましたし、シャイボーイに勇気づけられて社長が、思いを決めて告白に向かうところとかステキでしたね」と恋愛だけではないあいのりならではの友情シーンを紹介。

今回から参加となった加藤は「遅刻してきたでっぱりんたちの言い争いの中で、シャイボーイが過呼吸になったアスカを助けているシーンが、めっちゃ好きです。母親譲りの大きな目を見てください、というあのシーンの唯一の癒しがシャイボーイで、シャイさん大好きになりました」と、「あいのり:Asian Journey」第6話での自称・中の下【でっぱりん】と男子メンバーのリーダー的な存在であったハト胸とのミャンマーのナイトマーケットでの男女の修羅場となった衝撃シーンが忘れられないと話し、同じく今回から参加となる丸山は「ハト胸さん。ネーミングになるくらいあんなにハト胸になる男性はいないし、ハトも喜ぶハト胸、それくらいのハト胸を初めて見たので、衝撃がありました。あとは本当にAIさんの事が好きで、でっぱりんとラブワゴンにいた時に、場違いなこと言っていい?泣いた顔も可愛いねって、あんなの言われたら、なんかもう最高だなって思いました」と、スタジオメンバーも思わず爆笑するコメント。

そんな中、これまで真実の愛を探す旅を見届けてきたベッキーは、「前回のシリーズのキルギスでのじゅんきの追い上げが印象に残っています。正直あまりスポットライトも当たらない、そんなに目立たないメンバーだったので、スタジオで見る映像の中にもあまり映っていなくて気付かなかったんです。でも、すごく性格がいいし、頼もしくて可愛い。最後、すごい追い上げ方をしてきたんですよね。もう日本中の女子が恋したんじゃないかと思うくらい本当にステキな男性で、じゅんきは忘れられないですね」とシーズン2でカザフスタンから合流したイケメンアパレル店員【じゅんき】の名を挙げ、いままでラブワゴンが旅してきた国の中で、一番のお気に入りの国は「アジアのスイスと言われている、キルギス。カンボジアやベトナムなど、アジアの国で行ったことがある国は想像ができるけれど、キルギスはまず国も聞いたことがなかった。驚いたのが、風景がスイスみたいにキレイで、実際、アジアのスイスと呼ばれているんですよね。こんなヨーロッパみたいな景色がアジアにあるって知れたのは、本当に大きかったです」と恋愛だけではない、あいのりの一面を紹介した。

◆初収録に満足 新シリーズの見どころは?

また、初収録に参加したスタジオメンバーは、全員一致で「楽しかった」と満足げな表情をみせ、ベッキーは「どこかであいのり3回目ということで、みなさんより経験しているので、3人にはただただ楽しんでほしいなと思っていたんですけど、そしたら(3人が)すっごい楽しんでいたから」と収録を振り返り、また「今回もまさに時代を反映しているような、草食系男子と強いバリバリでゴリゴリな女たちの対比がとても面白いですし、個性豊かです。シーズン1、2に負けないメンツが揃っています」と早くも新シリーズにハマっており、加藤は「あいのり見るときって、いつも家で1人じゃないですか。だからこうやってみんなと話し合えることが、本当に楽しいですし、恋愛の勉強もさせて頂けているので、本当にこの旅がずっと終わらないでほしいです。あと今回のあいのりは、あいのりファンだったら、本当に嬉しい出来事や、懐かしいっていうものがたくさん出てきたりしますので、往年のあいのりファンの方々はさらに楽しめるんじゃないかなと思います」と見どころをアピール。

丸山は「収録は本当に楽しいですよ。まず(みんなと)一緒の空間に居られることが嬉しいです。そして新シリーズは、見るからに不器用なんだけど、食べっぷりが良いメンバーがいるんです。話もそんなに上手じゃなくて、女子は退屈だなと思う方もいるかもしれませんが、私は意外とその人がどんなことを思っているんだろうって気になって、注目したいです。食レポもやっていましたし、面白いと思いました」と早くもお気に入りのメンバーを見つけた様子で、最後に武田は「『あいのり:Asian Journey』シーズン2の時にゲストで来まして、また来たいなと思って、勝手に収録を観に来ていたんですけど、だから再びスタジオに戻って来られて、また一緒にあいのりメンバーを応援しながら旅できるんだと思ったら、嬉しいですね」と久々の収録を喜び、続けて「今回は舞台がアフリカで、未だに貧富の差が激しい地域ばかりだということを【あいのり講座】で知ることができますし、その状況を受けてメンバー達がどう思ったり活動したりするのかや、実際僕らもメンバーを通してアフリカの現状やどうすべきかが見えてくるので、非常に注目すべきポイントだと思います」と新シリーズの魅力を語った。

◆キービジュアルもアフリカ仕様に

今回アフリカに舞台を移し新たな真実の愛を探す旅。解禁となったキービジュアルでは、スタジオMC陣がアフリカ版のラブワゴンと共に、サバンナをイメージした背景の中で、新たなあいのりメンバーの旅を見守るビジュアルとなっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】