【モデルプレス=2019/09/11】嵐の相葉雅紀が出演するテレビ朝日系「相葉マナブ」(毎週日曜よる6:00〜)の15日放送回に、東山紀之が出演する。

◆相葉雅紀、東山紀之&北大路欣也の来店に緊張

今回は、「包丁王子 寿司処相葉亭 開店!シーズン2」として、大将の相葉がVIPゲストに寿司をふるまう企画の第2弾を放送。

ゲストは、事務所の大先輩・東山と俳優の北大路欣也。そんなVIPゲストに、相葉は「急におなかが痛くなってきた…」と終始ソワソワ。緊張し過ぎた結果、「築地でめちゃくちゃいい食材を仕入れてきたことだし、ちょっとのミスはごまかすからね!」と、謎の気合いで2人を待ち受ける。

◆相葉雅紀&東山紀之、知られざるジャニーズ伝説を語る

同番組2度目の登場となる東山は、「前回は、随分前だったよね?でも番組は見てるよ」と、相葉に優しく声を掛ける。実はアンジャッシュ・渡部建とも交流があると言い、相葉は思わず「どういう関係!?」とツッコむなどして、少しずつ緊張がほぐれていく。

さらに、東山とのトークでは、嵐やTOKIOのリーダーを決める場には、なぜか必ず少年隊がいて、じゃんけんからの指名という流れで決定していた、などジャニーズ伝説が飛び出す一幕も。

相葉の握った寿司を堪能した東山は、味はもちろん、その手さばきにも感心しきり。「もし僕がホームパーティーを開いたら、そこで職人として握れるよね? 『今日は相葉が握るから』なんて言ったら、みんなビックリするだろうなぁ(笑)」と、“出張相葉亭”を希望するなど、相葉の腕前に大満足の様子だった。

◆東山紀之、相葉雅紀を絶賛

収録を終え、相葉は東山と北大路の出演に関して「本当にありがたいです」と感謝を述べ、「後輩が何かを作って先輩に食べてもらう機会ってなかなかないので、食べていただけたことが単純にうれしかったです。しかも『おいしい』って言ってくださったし…トークも盛り上げていただきました」と喜びを語った。

2人のVIPゲストの前でかなり緊張し、実は最初の何貫かは失敗していたという相葉。しかし「東山さんにお出ししたタイくらいから落ち着いてきたんですよ。ばっちりキレイに切り付けができて、そこからノッてきました」と、先輩を前にして本領発揮した様子を明かした。

一方、東山は、相葉の腕前に感心しきりで「彼がすごく真摯に向き合っているところや、人柄が包丁さばきにも出ている…だからこそ、見ている人たちにも魅力として伝わっているんだと感じました」と絶賛。また、「まな板など道具をキレイにしている姿にも感心しました」とし、「すごく当たり前のことなんですけど、何気ないそういう姿に人柄って出ると思うんですよね」と話していた。(modelpress編集部)

◆相葉雅紀コメント

前回、井ノ原(快彦)先輩、寺尾聰さんなどすごく豪華な人たちが来てくださったんですが、今回もそれに匹敵する皆さんが来てくださいました。本当にありがたいです。特に大先輩・東山さんと北大路さん…緊張しました。

実は最初に何個か失敗していて、「やばいな今日…」って思っていたんですけど、東山さんにお出ししたタイくらいから落ち着いてきたんですよ。ばっちりキレイに切り付けができて、そこからノッてきました。

後輩が何かを作って先輩に食べてもらう機会ってなかなかないので、食べていただけたことが単純にうれしかったです。しかも「おいしい」って言ってくださったし…トークも盛り上げていただきました。

北大路さんは、むかし突然話しかけてくださったことがあるんです。まさか北大路さんが僕なんかに話しかけてくださると思ってなかったから、とてもビックリしたことを今も鮮明に覚えています。なので、今回は来ていただけて本当にありがたかったです!

◆東山紀之コメント

この番組は、ときどき拝見していますけど、これだけ腕が上がっているというのはすごいもんだなと思います。彼がすごく真摯に向き合っているところや、人柄が包丁さばきにも出ている…だからこそ、見ている人たちにも魅力として伝わっているんだと感じました。お寿司を握っている姿はもちろんなんですが、まな板など道具をキレイにしている姿にも感心しました。すごく当たり前のことなんですけど、何気ないそういう姿に人柄って出ると思うんですよね。 

ちなみに、相葉はワサビの量に葛藤したと思うんですよ(笑)。“もしかしたら多いかもしれない”って覚悟はしてきたんですけど…相葉が握っているのを見ている間、ワサビを入れるところまでをきちんと確認していました。「ホントに適量かな?」って(笑)。

シーズン3は、北大路さんが相葉に弟子入りする回にしますか(笑)?もしくは、渡部くんと澤部くんの代わりを僕と北大路さんがやりますか(笑)?僕たち、あの「相葉マナブ」ってロゴの入ったシャツ、意外と似合うと思うんだけどなぁ(笑)。

◆北大路欣也コメント

前から相葉さんの番組を見ていまして、すごく好感をもっていたんです。いろんな人とお話をされている姿を見ていたんだけど、実にグッとくるんですよ。そういった感想をね、むかし僕が相葉さんに会った瞬間に言ったもんだから、ビックリして目をキョロキョロさせていました(笑)。

だから今回は、こうしてゆっくりお会いできてうれしいんですけど…悔しい(笑)!悔しいの、僕は!練習したのに僕は本当にできなかったから…。ようやくできたお寿司を並べて、スタッフに「どうぞ」って言ったのに誰も手を出さなかったんです…。相葉さんを見ていて、自分が練習したときのことを思い出して、悔しかったです(笑)。

相葉さんはね、シャリの大きさも均等に握れるし…たいしたもんですよ。簡単にはできないことだから、本当に素晴らしい! 包丁さばきもスムーズで、よくぞここまで勉強されたと思いますし、それをフォローしてらっしゃるお二人も立派だと思います。皆さんのフィーリングがすごくいいですね。

◆渡部建コメント

僕らは、普通にしていたらなかなかお会いできない方々に来ていただけて…寿司とか関係なく単純にすごくうれしいです。こうしてバラエティーでお話をさせていただける機会というのはめちゃくちゃ貴重ですから。

相葉くんは意外と落ち着いていましたね。途中、何かをきっかけにスッと落ち着きました。安心して見ていられたというか、やっぱりすごいなと思いました。

◆澤部佑コメント

ゲストの方が本当に豪華で、端っこに座っていた僕は、若造が入っちゃいけないお寿司屋さんにうっかり入っちゃった人、みたいな感じでした(笑)。

ただ、そういう緊張感のある状況でも、それに応える“相葉雅紀の職人としての能力”…実にお見事でございました!

【Not Sponsored 記事】