【モデルプレス=2019/11/01】今年も日本では、様々なコスプレ姿が街に溢れ、盛り上がりを見せたハロウィン。海外でもセレブたちが露出度高めのハロウィン仮装を披露し、さすがのクオリティで世界の注目を集めている。

◆クオリティの高さに驚き…キャラクター完全再現

女優で歌手のエイザ・ゴンザレスは、今年10月に公開された映画「マレフィセント2」のマレフィセントを再現。象徴的な赤リップに黒のドレスをまとい、本家さながらの美貌を見せつけた。

今年8月に公開され、全米で大きな話題となった映画「IT イット THE END/それが見えたら、終わり」のペニーワイズに変身した女優で歌手のデミ・ロヴァート。白塗りピエロの本格的なメイクに、胸元を大胆に露出したオリジナリティ溢れる姿を披露した。

例年クオリティの高い仮装姿を公開している、歌手のアリアナ・グランデは、アメリカで1959年から1964年テレビドラマシリーズ「トワイライト・ゾーン」の『みにくい顔』というエピソードに登場するキャラクターのコスプレを披露。特殊メイクで普段の可愛らしい印象とは異なる変貌ぶりに、メッセージ性を感じるショットとなっている。

女優のニーナ・ドブレフは、シンガーソングライターでモデルのビリー・アイリッシュになりきり、根本がグリーンのヘアスタイルとロングのネイルを完全再現。また、ビリーが普段からしているダボっとした衣装に加え、顔にはビリーの楽曲のミュージックビデオ「when the party's over」で演出される黒い涙のメイクをする徹底ぶり。

「ヴィクトリアズ・シークレット」モデルのジャスミン・トゥークスは、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズをイメージした海賊風のコスチュームに身を包み、SEXYな美脚&デコルテをあらわにしている。

また、恋人である会社経営者のジュアン・デヴィッド・ボレロと2ショットのハロウィンコスプレを度々披露しており、今年は2人揃って同作さながらのオーラを見せた。

◆美ボディ満載 大胆露出のSEXYコスプレ

かねてより親友として知られている、モデルのカイリー・ジェンナーとアナスタシア・カラニコラウは豊満なバストを大胆に披露したバニーガールの姿で、視線を集めた。

さらにカイリーは、SEXYな美ボディを活かしディズニー映画「リトルマーメイド」(1989年)のアリエルや、女優マリリン・モンローを意識したクオリティの高いコスプレを次々に披露している。

毎年、大胆な露出の仮装を披露しているモデルのパリス・ヒルトンは、パープルのハイレグ姿で魅惑のボディを見せつけた。衣装にあしらわれた黒のレースやピンヒールでよりSEXYさが際立つ仮装に仕上がっている。

さらにハロウィン当日の10月31日には、胸元を大胆に披露した色気全開なマリンスタイルで、世界中のファンを釘付けに。

モデルのシャーロット・マッキンニーは、胸元のジッパーをおろし、美バストをあらわにしたポリス姿で登場。手にはピストルを構え、女性らしさと強さを兼ね備えたポージングを見せた。

かつて歌手で女優のマイリー・サイラスの新恋人として噂されていたモデルのケイトリン・カーターは、胸元やウエストが透けているSEXYなデザインが特徴的な60年代のダンサーに。ファーのイヤリングとホワイトのブーツを合わせたファッショナブルなコーディネートでハロウィンを彩った。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】