【モデルプレス=2019/11/14】欅坂46が13日、読売テレビ・日本テレビ系にて生放送された音楽の祭典「ベストヒット歌謡祭2019」に出演。平手友梨奈のパフォーマンスが話題となっている。

◆欅坂46平手友梨奈のパフォーマンスが話題

欅坂46は5thシングル「風に吹かれても」のカップリングとなる「避雷針」を披露。メッセージ性の強い歌詞とメンバーの息がぴったりと合ったダンスが特徴の同曲であるが、平手は独特の雰囲気で視聴者を魅了した。

集団行動のようにぴったり揃ったダンスが披露される中、1人違ったパフォーマンスを見せた平手。中盤からは衣装のフードを深く被り、ほぼ表情が見えない状態であったが、最後にはそのフードを外し、カメラ目線で片手を高く掲げてポーズを決めた。

◆欅坂46平手友梨奈の“ラスト3秒”に反響殺到

このラスト3秒のインパクトに会場は熱気に包まれ、ネット上でも反響が殺到。

「ものすごい存在感とインパクト」「表現者のトップって感じ…」「このラスト3秒がたまらない」など平手のパフォーマンスを絶賛するコメントが多数寄せられた。(modelpress編集部)

情報:読売テレビ・日本テレビ

【Not Sponsored 記事】