【モデルプレス=2020/01/08】俳優の渡邊圭祐が8日、都内で行われた新火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(毎週火曜よる10時〜/1月14日スタート、初回 15 分拡大)のプレミア試写会&舞台挨拶に、上白石萌音、佐藤健、毎熊克哉、ミキ・昴生、吉川愛、堀田真由、香里奈とともに登壇した。

◆渡邊圭祐、看護師を目指していた過去も

原作は、小学館「プチコミック」で連載されていた円城寺マキによる同名漫画。生と死が隣り合わせにある病院を舞台に、超ドSドクターに一目ぼれをしたことでナースとなった主人公の恋と成長を描く、胸キュンラブストーリー。偶然の出来事で運命の男性となるドクターと出会った主人公の新米ナース・佐倉七瀬を上白石が、そして七瀬が一目ぼれをした超ドSドクター・天堂浬を佐藤が演じる。

若手イケメン俳優の登竜門と言われる仮面ライダーシリーズでドラマ初出演を飾り、今後の活躍が期待される若手俳優の一人である渡邊は、七瀬の同期である新人看護師・仁志琉星役。患者たちから人気が高いが、看護師でありながら血を見るのが苦手というヘタレキャラでもある。

トークでは、実は看護師を目指していた過去があったと明かされ、佐藤ら共演者は「そうなの?」と驚き。「高校1年生のときに『安定してそうだな』と1回だけ目指していたことがあった」と話した。

しかし、今回の役柄はメッシュに長髪のヘアスタイルのため、会場にいた現役看護師の観客に「こんな髪型で良いのかな?ダメですよね?」と問いかけ。首を振った観客に「2話から直していこうかと」とジョークで対応した。

また、タイトルにちなみ「○○は続くよどこまでも」を1人ずつ発表する場面では、上白石や佐藤が答えた後に指名され、「え〜とそうですね…」と答えを詰まらせ、佐藤から「油断してましたね」とツッコミが。「完全に、もうちょっと延びるかなと思って」と白状すると、「学生さんもいることですし、道ですかね。仕事に恋に悩むことがあると思うんですけど、立ち止まってもいいと思います、今やっていることが〜」と突然スケールの大きい話を語り出し、佐藤ら共演者を笑わせ、昴生から「卒業式の校長先生やん」と突っ込まれていた。

琉星はひょんなことから謎の美女・流子(香里奈)と出会い、瞬く間に恋に落ちていく。2人の恋の行方を突っ込まれると香里奈は「今後観て頂いたら分かりますので楽しみにして頂いて」とアピールした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】