【モデルプレス=2020/01/24】NEWSの加藤シゲアキが、23日放送の読売テレビ・日本テレビ系バラエティー番組「ダウンタウンDX」(毎週木曜よる10時〜)に出演。料理好きだという加藤が、料理を始めたきっかけを明かした。

◆手越祐也、加藤シゲアキにクレーム?

「やるときはほぼ毎日」料理をするという加藤は、梅干しも漬けるというこだわりぶりを明かし、スタジオを驚かせた。

そして、NEWSのメンバー・手越祐也からも、加藤の料理について証言が。手越は、「料理は上手ですよ」と加藤の料理を称賛。加藤の自家製梅干しが大好物だという手越だが、「シゲちゃん(加藤)に現場で会った時に、『無くなったから補充して欲しい』と。『補充はいいけど、俺の容器を持って帰ったわけだからそれを持ってこい』ってわけですよ。小っちゃいですよね。新しいのに入れて持ってきてくれれば良いのに」と加藤から梅干しがもらえていないと明かし、「加藤さんの梅干しが無いせいで、若干体重いっすよね」と嘆いた。

◆加藤シゲアキ、料理を始めたきっかけは「人見知り」

また、手越は「彼(加藤)はものすごい人見知りで、初見の人と話すのがすごく苦手なんですよ。たぶんデリバリーの人と会いたくない、話したくない、だったら自分で作っちゃおうと。他人に会うこともないし。っていうのが入り口だったんじゃないかなって疑ってる」と加藤が料理を始めた理由も推測。

加藤も手越の推測を肯定。加藤は、電話越しにピザ屋の店員からキャンペーンのメニューを勧められると断れないそうで、「向こうのキャンペーンに負けちゃうんですよ、心が。どんどん付けちゃって1人じゃ食べきれないくらいの量になって…」とデリバリーの注文の難しさを熱弁。「しょうがないから1人で自分のご飯を作るしかなくなった」と人見知りが料理を始めるきっかけとなったことを明かした。(modelpress編集部)

情報:読売テレビ、日本テレビ

【Not Sponsored 記事】