【モデルプレス=2020/07/20】女優の山本美月が19日、自身のTwitterを更新。18日に亡くなった俳優の三浦春馬さん(享年30)を追悼した。

◆山本美月「僕のいた時間」での共演振り返る

山本は、2014年に放送されたフジテレビ系ドラマ『僕のいた時間』で三浦さんと共演。三浦さんは筋肉が徐々に衰えて呼吸困難に陥り最終的には人工呼吸器をつけないと死に至ってしまう病気、筋萎縮性側索硬化症という難病と闘う若者を、山本は多部未華子演じるヒロインの親友を演じた。

三浦さんの亡くなった18日は山本の29歳の誕生日であったために、Twitterにはファンからの多くの祝福の声が寄せられていた。

これに対し山本は「昨日は、たくさんのおめでとうをありがとうございました」と感謝するとともに「でも、ごめんなさい…それよりも、悲しくて」とことわり「6年前、大変な役を演じている姿を見ていました。本当に尊敬していました。また、お会いしたかったです」と三浦へのやりきれない想いを明かした。

◆三浦春馬さん、死去 9月スタート連ドラに出演予定だった

三浦さんの所属事務所は、公式サイトにて三浦さんの死去を報告。「ファンの皆様、関係者の皆様におかれましては、ご心配、ご迷惑をお掛けしておりますが、詳細に関しましては、現在確認中であり、改めてご報告させていただきますので、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます」としている。

三浦さんは1990年4月5日生まれ、茨城県出身。1997年にNHK連続テレビ小説「あぐり」で子役デビュー。待機作にドラマ「太陽の子」(NHK総合/2020年8月15日放送)、映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(7月23日公開)、「ブレイブ-群青戦記-」(2021年公開)があるほか、Haruma Miura「Show Case Live 2020」(2020年秋予定)も控えていた。

さらに女優の松岡茉優が主演を務める9月スタートのTBS系火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(毎週火曜よる10時〜)にも出演予定で、直近では7月24日放送の『ミュージックステーション 3時間半スペシャル』(テレビ朝日系)に歌唱パフォーマンスで初出演する予定だった。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】