【モデルプレス=2021/04/19】NGT48の本間日陽が5月19日に発売する1st写真集「本間日陽1st写真集(仮題/タイトル未定)」(光文社刊)のから温泉&水着カットが公開された。

◆「本間日陽1st写真集(仮題/タイトル未定)」

本間は、2015年7月、NGT48の1期生オーディションに合格。グループ結成以来、中心メンバーとして活躍してきた彼女の1st写真集が発売される。2017年6月に行われた第9回AKB48選抜総選挙では13位に、続く2018年の第10回選抜総選挙でも16位にランクインし、2020年には「AKB48グループ×bis×SHOWROOMオーディション」でグランプリを獲得。ファッション誌『bis』(光文社)レギュラーモデルを務めるなど、活躍の幅を広げている。

自身初となる本写真集を撮り下ろしたのは、インスタグラムで12万人のフォロワーを持ち、数々のインフルエンサーから支持される、今、一番旬なフォトグラファー酒井貴弘氏。「新潟の太陽」と呼ばれる本間の光輝く笑顔の魅力から、エモーショナルな「彼女感」までを、地元・新潟の雪景色と、沖縄の美しい海で撮り尽くした。

◆新潟出身の本間日陽、温泉&水着カット解禁

新潟の銀世界と南国・沖縄の対照的なロケーションが特徴の本作。山間へと向かう道中で見つけた一面の雪原を前に、思わず本間のテンションも上がっていた。また、本間の故郷・村上市は、開湯100年を超える県内有数の湯量を持つ温泉街・瀬波温泉でも知られる場所。日本海を望む温泉宿のひとつでは、浴衣姿や温泉をのんびり楽しむカットが撮影された。

湯上がりの濡れた髪と自然な艶っぽさの漂う表情が印象的な一枚となっており、沖縄でのショットは、「新潟の太陽」と呼ばれる本間の笑顔の魅力が凝縮された一枚に。太陽がプールの水面をきらきらと輝かせる中、水はまだ少し冷たかったものの、鮮やかなマルチカラーの水着で、とびきりの笑顔を見せてくれている。(modelpress編集部)

◆本間日陽 コメント

今回、地元新潟と沖縄で撮影しました。生まれ育った場所での撮影はなんだか不思議な感じがしました。瀬波温泉での撮影は朝だったのですが、朝から温泉を堪能できて嬉しかったです。沖縄の撮影では、のんびりとした素敵な時間を過ごすことができました。今回公開されたカットも浮き輪で流されたりして楽しかったです。今のわたしをたくさん詰め込んだ一冊になったと思います。ぜひたくさんの方に手に取ってもらえたら嬉しいです。


【Not Sponsored 記事】