【モデルプレス=2021/04/20】モデルで女優の岡崎紗絵の電子写真集『月刊 #さえ沼』vol.03「きみのとなり。」が、4月19日に予約発売がスタートする。

◆岡崎紗絵、vol.03のテーマは「きみのとなり」

ファッション誌『Ray』の専属モデルを務め、女優としても活躍中の岡崎が、毎月異なったテーマを掲げ届ける電子写真集を発売中。自ら編集長となってファンと共に作り上げるこの参加型写真集のvol.03は、女優としての岡崎を届ける。TBSの人気ドラマ『半沢直樹』など、さまざまな脚本を手掛ける金沢知樹氏が監修、劇団ナイロン100℃所属の木乃江祐希が脚本を描き下ろしたフォトラブストーリーを、写真で表現していく。

彼女感や私生活感をテーマにした、発売中の「vol.01ひとりじめ。」、「vol.02のぞき見。」とはまた違った、女優としての“演じる岡崎紗絵”を届ける。「自分と違った女の子らしい服装のモテ系OLを演じるのは、すごく面白かったです!」と、自身も楽しく演じたという“猫かぶりのOL・岡崎”の恋模様に注目だ。

◆名脚本家が写真集のためにストーリーを描き下ろし

TBS『半沢直樹』など多くのドラマや舞台を手掛けた金沢知樹氏が脚本を監修し、さらに、脚本家&女優として活躍するナイロン100℃所属の木乃江祐希氏が実際にストーリーを描き下ろした。岡崎演じるモテ系OLが“チャラナンパ野郎”と出会い、いつのまにか気になる存在になっていくというストーリー。豪華なスタッフを交えてのフォトラブストーリーは、キュンキュンすること間違いなしとなっている。

◆相手役は「私の年下王子さま」でブレイク “真夜中の12時”の相馬理

フォトラブストーリーの相手役には、AbemaTV『私の年下王子さま』に出演し、話題を集めた相馬理を起用。イケケン集団で配信しているYouTubeチャンネル「真夜中の12時」では、おもしろキャラとして人気を博している。「Vol.03きみのとなり。」では、岡崎との息ぴったりな演技を披露した。

◆映画を切り取ったような“エモい写真”に

豪華スタッフが描くキュンキュンするラブストーリーに、感情がゆさぶられるような、エモーショナルな写真。自分が物語に入り込んだ気分になれる、映画のワンシーンのような写真で、同作をさらに盛り上げる。「夜の公園や歩道橋のシーンは特にドキドキします!」と、演じた岡崎も、写真に魅了されていた様子であった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】