【モデルプレス=2021/10/13】10月15日よる6時から放送されるテレビ朝日系『ミュージックステーション35周年記念4時間スペシャル』。V6にとって最後の『ミュージックステーション』出演となる今回は、“V6とMステの26年間”を、全160回に及ぶこれまでの出演映像とともに振り返る。

◆V6とMステの26年間 その歴史を貴重映像で振り返る

今年11月1日をもって大きな区切りを迎えるV6。デビュー後初めてMステに登場した回から、V6のお家芸とも言えるド派手なアクロバットの披露、森田剛、三宅健、岡田准一によるComing Century(通称:カミセン)、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦による20th Century(通称:トニセン)としての出演シーン、TOKIOとのコラボなど、Mステならではの出来事が続々。

年齢を重ねるごとに見られていったメンバーたちの外見、内面の変化も合わせ、V6の歴史をMステの貴重映像とともにプレイバックする。

さらに、Mステラストパフォーマンスでは、国民投票で選ばれた「V6に最後のMステで歌ってほしい曲」をメドレーで披露」。堂々の1位に選ばれたのは、ファンからも人気の高いあの楽曲…。いったい、どんなメドレーを見せてくれるのか?Mステ最後の出演となるV6の豪華パフォーマンスに注目だ。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】