【モデルプレス=2024/02/12】萩本欽一と香取慎吾が司会を務める日本テレビ系「欽ちゃん&香取慎吾の第99回全日本仮装大賞」(よる7時〜9時)が12日に放送。放送を目前に控え、司会と審査員のコメントが到着した。

◆「仮装大賞」3年ぶりに放送

1979年に始まり第99回を迎える「全日本仮装大賞」は、一般の参加者がアイデアを生かし、1つの作品をゼロから一生懸命作り上げ披露。そこで繰り広げられる筋書きのない感動のドラマが、今回3年ぶりに放送される。

今回は応募総数3292組の中から地方予選を勝ち抜いた、2歳から83歳までの精鋭34組が作品を披露。出場7回の新体操チームは「孫悟空」になり、空を飛び竜と戦う西遊記の世界を再現する。初出場の3歳と6歳の姉妹は得意のチアダンスで可愛い仮装を披露。そして今回の最年長出場者は83歳。優勝も経験したレジェンドが、熱戦を見せる。

新進気鋭の演劇集団“ダウ90000"も仮装に初挑戦.果たしてどんな作品になるのか。祖母、娘、孫の3代登場の作品もあれば、ほぼ1人で桃太郎を演じる人も。想像を超えるハイクオリティーな作品から家族愛を感じる作品までが登場する。優勝賞金100万円を獲得するのは誰か。

司会の萩原は、同番組について「『仮装大賞』は、やっぱり動きの中に笑いがあったり、拍手があったりするんですよね。それを見せてくれるっていう、他にない番組です」とコメント。香取も「『仮装大賞』は、参加する人たちが本当に一生懸命な笑顔を見せてくれる。これって本当に他の番組では見られないものだと思っています」と特別な思いを語った。

◆芦田愛菜ら審査員9人も感想語る

また、9人の審査員からもコメントも到着。芦田愛菜は「本当にすごく楽しくて、ずっと笑顔にさせていただきました」、竹内涼真は「一生懸命考えてきたシナリオと思いが伝わってきて、すごく温かい気持ちになりました」、やす子は「最高ですね。芸人人生において感慨深い瞬間でした」、オードリーの若林正恭は「これぞ仮装大賞っていうスケールの大きいものもすごく楽しめました」などと語っている。(modelpress編集部)

◆萩本欽一コメント

「仮装大賞」は、やっぱり動きの中に笑いがあったり、拍手があったりするんですよね。それを見せてくれるっていう、他にない番組です。

◆香取慎吾コメント

「仮装大賞」は、参加する人たちが本当に一生懸命な笑顔を見せてくれる。これって本当に他の番組では見られないものだと思っています。

◆芦田愛菜コメント

本当にすごく楽しくて、ずっと笑顔にさせていただきました。

◆いとうあさこコメント

1回目9歳の時からずっと見ているので、最新の99回目を生で見られたのが感動です。

◆梅沢富美男コメント

いや〜本当に99回にふさわしい素晴らしい作品の数々でしたから、盛り上がりましたね。

◆岡田結実コメント

3年ぶりの開催という熱量に圧倒されて、その興奮の渦に一緒に入れて楽しかったです。

◆滝沢カレンコメント

もう本当に皆さん、一人一人に目を合わせて拍手したいくらいでした。

◆竹内涼真コメント

一生懸命考えてきたシナリオと思いが伝わってきて、すごく温かい気持ちになりました。

◆松丸亮吾コメント

みんなのエネルギーが爆発しているのもあって、メチャメチャ面白かったですね。

◆やす子コメント

最高ですね。芸人人生において感慨深い瞬間でした。はい。

◆若林正恭コメント

これぞ仮装大賞っていうスケールの大きいものもすごく楽しめました。

【Not Sponsored 記事】