「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

「塚田農場」いちおしポイントは……
スタッフがかわいくて、気の利いたサービス
料理は素材からこだわっている
さまざまなサプライズが用意してある



壁には生産者たちの姿がズラリ

こんにちは! 今日も楽しく飲んでますか〜?

酔っぱライターの江口まゆみです。

世界中の地酒を飲み歩き、日本全国でうまい酒を飲みつくした私が、満を持して『メシ通』に参戦いたしました。

これからチェーン居酒屋の魅力をお伝えしていきますので、よろしくお願いいたします!

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

今回は「塚田農場」の品川高輪口店へ行ってきました。

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

スタッフは浴衣姿。かわいい!

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

壁には「みやざき地頭鶏(じどっこ)」の解説や、養鶏場の写真があります。

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

「みやざき地頭鶏」は宮崎県のブランド鶏で、柔らかさの中に歯応えがあり、うま味が濃いのが特徴です。

また、「塚田農場」というのは九州にある直営農場の名前で、自社で「みやざき地頭鶏」を育てて店舗に直送しているのです。

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

鶏だけでなく、野菜も各地の契約農家さんから仕入れています。

農家さんの写真やプロフィールも飾られていました。

本社の社員や店舗スタッフが農場で研修したり、

契約農家さんが店舗を訪れたりと、生産者とは相互に交流があるそうです。

イチオシはやはり「もも焼き」

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

お通しはポテトサラダ。

たっぷりあって手作り感満載です。

お通しにも手を抜かない姿勢が素晴らしい。

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

飲むのは「日向夏(ひゅうがなつ)サワー」。

日向夏は宮崎特産の柑橘で、皮と実の間の白い部分も食べますが、その苦みまで、ちょっとサワーの味に含まれているのがミソです。

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

そして食べるのは「塚田農場」イチオシの「みやざき地頭鶏 もも焼」。

宮崎では、鶏を炭火で燃やして黒く仕上げます。

ファイヤー!

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

鉄板の上に乗った熱々を、柚子胡椒でいただきます。

ジューシーな焼き上がり!

しっかり炭の香ばしさをまとった「みやざき地頭鶏」、絶品です!

そこへ「チキン南蛮」が登場しました。

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

甘酢にくぐらせた唐揚げに、自家製タルタルソースがたっぷり。

これはボリューミー!

食べるとほどよい酸味で、タルタルがまたいい味出してますね〜。

限定の夏焼酎で暑気払い!

迎え撃つのは夏焼酎。夏限定の爽やかな焼酎です。

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

「夏の松露」をロックで、「夏の萬年」を水割りにしてさっそく飲み比べ。

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

マイルドな「松露」に比べ、「萬年」は香ばしさと飲み応えがありますね。

「松露」はソーダ割りにしてもおいしいと思います。

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

最後はアッサリと「ニラ釜玉」を。

ニラは宮崎県西都市の契約農家さんが作っています。

ニラ臭くなくて甘〜い。

卵は「塚田農場」オリジナルの「塚だま」。濃厚です。

手ぶらじゃ帰さない心意気

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

これで帰ろうと思ったら、なんとさきほどのもも焼の脂を使って、

ガーリックライスを作ってきてくれました。

しかも「ありがとう」という文字とかわいい絵も添えて……感激!

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

そしてお会計の時、スタッフの女性が持ってきたのは、なんと名刺。

初来店の場合は主任で、来店するにつれて、課長→部長→専務→社長→会長と役職が上がるそうです。

最上級の「ヒミツの役職」になると、シークレットイベントへの招待があったりするらしい。

なるほど、これは楽しいかも〜!

この名刺は全国どこの「塚田農場」でも共通で使えます。

お店を出るときにもさらなるサプライズが!

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

なんとオリジナルのスパイスをお土産にくれました。

塩味もついているので、お肉を焼くときに使えそう。うれしい!

食材の生産からこだわっていて、いろいろなサプライズもあり。

「塚田農場」、おいしくて楽しかったです!

【本日のお会計】

日向夏サワー=460円、みやざき地頭鶏 もも焼(中)=1,220円(大は1,890円)、チキン南蛮=680円(スモールサイズは380円)、夏焼酎=各480円、ニラ釜玉=450円

お店情報

塚田農場 品川高輪口店

住所:東京都港区高輪3-26-33 パル品川2F
電話番号:03-5488-7251
営業時間:17:00〜23:30(LO 22:30、ドリンクLO 23:00)定
休日:日曜日(ビル休館に準ずる)
ウェブサイト:http://www.tsukadanojo.jp/

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年6月の情報です。
※金額はすべて消費税込みです。

書いた人:江口まゆみ

「塚田農場」みやざき地頭鶏と夏焼酎がたまらない【チェーン居酒屋解体新書】

神奈川県鎌倉生まれ。早稲田大学卒。1995年より、「酔っぱライター」として世界中の知られざる地酒を飲み歩き、日本中の酒のつくり手をたずねる旅を続ける。旅をした国は20ヶ国以上、訪ねた日本酒、焼酎、ワイン、ビール、ウイスキーの現場は100カ所以上。JCBA認定ビアテイスター。SSI認定利酒師。酒に関する著書多数。近著は『ビジネスパーソンのための一目おかれる酒選び』(平凡社)

過去記事も読む