イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

メシ通レポーターのYELLOWでございます。今回は静岡県三島市の「光玉母食堂 めし しんちゃん」(以下、光玉母食堂)に行って来ました。

前回は海岸沿いをバイクで走ってしんどい思いをしたので、今回は箱根の山をズバっと越えて楽をする作戦です。

昔は毎週のように箱根、湯河原とブラブラ走っていたので、特に難儀する事もなく「光玉母食堂」に到着しました。

ちなみに店名の「光玉母食堂」は商売繁盛を願い、お坊さんに店名をつけて頂いたそうです。

デカ盛りで有名な「光玉母食堂」

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

テレビなどでも紹介される「光玉母食堂」は生粋のデカ盛り食堂でして、店主の粋な計らいで今でもチャレンジメニューがあるお店です。

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

最高峰は「ギガカツカレー」でフードファイターのトップクラスで完食出来るか出来ないかの7キロ、「メガカツカレー」は素人では限界に近い4〜5キロのカツカレーになっています。(どちらも要予約)

ビジュアル的には間違いないのですが、絶対に完食出来ない料理を撮影のためだけにオーダーするのはけしからんので、このダブルトップはなしの方向で。

筆者でも食べられそうな「特上カツカレー」(豚カツ2枚)にしようと思ったのですが、こちらをご覧ください。

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

ちょっと横からの撮影なので丸皿にも見えますが、お盆と同じ大きさの長皿でして、これにカレーが盛られまくっている可能性が濃厚でございます……。

ちなみに筆者、さっきまで静岡県民の愛する「さわやか」でいろいろ食べたばかりなんですよね……。

「とんてき定食」を食す!

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

はい、と言うわけでコチラが「光玉母食堂」の「とんてき定食」(1,400円)となります。

壁のメニューを眺めていろいろと考えてみた結果、この「とんてき定食」の”イベリコ豚使用、約450グラム”が決め手になりました。

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

イベリコ豚とはドングリを食べて育った豚、もとい豚様でしてグラム単価で言えば、そこら辺の牛肉よりも高いくらいの高級豚なのです。

なので1,400円という値段も相応、むしろ激安でしてこのチャンスを逃すわけには参りません。

ちなみに筆者、猟師でもあるのですがドングリが豊富な山のイノシシは味が全然違います。と、言うわけでイベリコ豚のうまさに関しては、1㎜も疑う余地はありません。

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

ちょっとビジュアル的に違和感を覚えるかもですが、このボリュームを盛り付けるには最適かと思われ、お皿よりも冷めにくいメリット、洗い物が減って地球にも優しいと良い事だらけなので、これで良いんじゃないでしょうか?

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

大きな”とんてき”は片栗粉でザックリと揚げられてから調理されていて、イベリコ豚には火が通りやすいようにハサミで切れ目が入っています。

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

タレの方は甘辛くて酒(料理酒?)の風味も感じますね。

そこに加わるスライスニンニクが味に変化を与えているので、全体的に甘めな味付けも最後までおいしくいただけます。

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

今回、大盛りにするかしないかの攻防を店側と激しく繰り広げた結果、見事”普通盛り”を実現させた筆者でして、我ながらグッジョブだと思います。

「光玉母食堂」の大盛りは良く考えて注文すべき

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

ちなみに大盛りのご飯は、こんな感じです。

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

ご飯は普通盛りで2合くらいですので、あまり食べられない人は「ご飯少な目でお願いします!」と自己申告した方が良いでしょう。

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

分厚いイベリコ豚は切り分けた場所によって厚さは2〜4cm、まさにステーキを食らうような味わいがあります。

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

フライパンには大きなイベリコ豚が2枚……確実に450グラムで攻めて来ていますね。

うまい予感しかないとは、この事でしょうか?

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

味の方は言うまでもなく、白飯との相性は抜群!

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

そして、ゆでられたキャベツのおいしさよ……。

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

さらにスライスニンニクを乗せる事でうまさ倍増でございます。

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

450グラムと言えば1ポンド、ステーキならばアメリカンサイズでして、その圧倒的なボリューム感は「光玉母食堂」でしか、味わえないんじゃないでしょうか?

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

この「とんてき定食」を食べるために、バイクで箱根を越えて来た甲斐があると言うものです。

ごちそうさまでした!

さあ、みんなで「光玉母食堂」に行ってみよう!

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

静岡県民であれば勿論オススメな「光玉母食堂」ですが、都内から”メシツーリング”としてエンジョイするにも最適だと思います。

西湘バイパスから箱根新道を通って箱根を越えれば、わりと近い場所に「光玉母食堂」はあるし、駐車場も広いので仲間とバイクで押し寄せても大丈夫です。

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

ちなみに「光玉母食堂」はデカ盛りのお店としても有名ですが、ちゃんとミニサイズのメニューも用意されているので、自分の胃袋に見合ったメニューを探す事も出来る点は、ちゃんとアピールしておきたいと思います。

是非、みなさんもツーリング、ドライブコースの一環として「光玉母食堂」を利用してみて下さい。

お店情報

光玉母食堂 めし しんちゃん

住所:静岡県三島市竹倉110-1
電話番号:055-973-5430
営業時間:11:30〜14:00、17:00〜21:30
定休日:木曜日、第2水曜日

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年7月の情報です。
※金額はすべて税込です。

書いた人:YELLOW

イベリコ豚450g!静岡最強の「とんてき定食」を食べに「光玉母食堂」に行ってみた【静岡】

ラーメンからカツカレー、ハイカロリーな写真を武器に暗躍するフリーライター。なぜ痩せられないのか?

Twitter:@mossberg835 公式サイト:Food news

過去記事も読む