1.太くはっきりしたアイライン

40代がやらない方がいいアイラインの引き方

目元をパッチリ見せようと、アイラインを太くはっきり描いている方は多いのではないでしょうか?

40代は目頭から目尻までしっかりアイラインを描くスタイルになじみがある世代なので、ついアイラインが太くなってしまいがち。

ですがここ数年は、二重幅やまつげの存在感を引き立たせるために、目尻にのみアイラインを描くスタイルが主流です。

まずは、まつげの間のインラインをダークブラウンでしっかり埋めます。色素沈着やくすみで、目元が暗く沈みがちな場合は、ダークブラウンの中でも赤みを感じるタイプを選ぶのがオススメです。

インラインを埋めたら、目尻側の黒目の終わりあたりからラインを描き始め、無理に跳ね上げたりせずにスッと横に流すようにラインを描きましょう。

より垢抜けを狙うなら、リキッドアイライナーではなくペンシルアイライナーを使って、ラインを描いた後に綿棒でラインをぼかしてみましょう。

2.抜け感を意識したカラーマスカラ

40代には向かないカラーマスカラ

ケバケバしくなりたくないからと、抜け感を意識してベージュ系や明るいブラウンのマスカラ、または明るい色のカラーマスカラを使っていませんか?

これらのマスカラはたしかに抜け感が出て、オシャレな雰囲気に仕上がりますが、若い頃と比べて目元の印象がぼやけてくる40代が使うと、目元の印象が薄くなってしまいます。

昨今はまつげに存在感を持たせるのがトレンドなので、マスカラは透け感やツヤ感のあるブラックか、ダークブラウンを使うようにしてみましょう。

3.ベタ塗りした口紅

40代はやらない方がいいリップメイク

唇を際立たせるためにリップライナーで輪郭を縁取って、その中を塗りつぶすように口紅をベタ塗りしていませんか?

口紅をベタ塗りすると、一気に口元が老けて見えてしまいます。若見えを狙うなら、血色感のある口紅を選んで、ポンポン塗りしましょう。こうするだけで若々しい印象に仕上げることができます。

唇の形を修正したい場合は、ご自身の唇の色に近いヌードカラーのリップライナーでアウトラインを描き、軽く中を塗りつぶした後、リップライナーで描いたラインの淵を綿棒でぼかします。

その後に口紅をポンポン塗りしましょう。中央部分が濃くなるように塗ると、より立体感のあるふっくらした唇に仕上げることができますよ!

40代の垢抜けメイクをつくるのにおすすめのアイテム

40代さんの若見え&垢抜けメイクにおすすめのアイテムはこちらです。

40代の垢抜けメイクにおすすめのアイテム

画像上から
・ブルームクチュール アイズ ジュエルドブーケ 01/ジルスチュアート
・ルージュ ココ ブルーム 124/シャネル
・ロング&カールマスカラ アドバンストフィルム01/ヒロインメイク
・ラスティンファイン E 筆ペンリキッド ブラックブラウン/デジャヴュ
・ブラウンズ クリーミィペンシル BR303/ヴィセ

いかがでしたか? 若見え&垢抜けてる40代さんがやっていないメイク3選をご紹介しました。

ちょっとしたポイントを変えるだけで一気に若々しく垢抜けた印象になるので、40代のみなさんはぜひ試してみてくださいね♡