アイシャドウのグラデーションは古い!単色使いで今っぽく

アイシャドウは単色使いで今っぽく

アイシャドウの基本は3色のグラデーション。

ハイライトカラーでまぶたを明るくし、ニュアンスカラーと締め色を使って色を楽しみ、立体感や深みを出す。

これが基本であり皆さんも当たり前のように毎日メイクに取り入れていたテクニックかと思いますが、実は40代以降にはあまりおすすめしないテクニック。

なぜなら40代以降の大人の肌色からすると、締め色を使うことで深みというより暗さが目立ち、どんどん重ねるほどまぶたが重く見えがちです。

深みよりも明るさを優先すべき40代は、ハイライトカラーとニュアンスカラーのみで仕上げてみましょう!

コーラルピンクや明度の高いベージュブラウンは1色でまぶたを明るく見せつつ色を楽しむことができますよ。

アイラインの「全引き」、老けみえの原因です!

アイラインの全引きは老けみえの原因

引き続き40代からは気をつけて欲しいのが「アイラインの長さ」。

「全引き」はどういうことかというと、目頭から目尻まで、目のフレームライン全てをアイラインで埋めてしまうこと。

特にブラックのアイライナーを愛用している方、まぶたとのコントラストでアイラインの黒さが浮いてしまい、バランスの悪いアイメイクに見えてしまいます。

おすすめなのは、黒目の中心あたりから目尻に向かってアイラインを引くこと。

まぶたが重く見えることなく自然にフレームラインをくっきり演出することができます。

また、リキッドアイライナーを使えば目元がきゅっと引き締まり、しっかり目ヂカラを出すことができます。

定番黒はもう古い!使っていいのは「ダークブラウン」

アイライナーやマスカラに使っていいのはダークブラウン

アイライナーやマスカラって、黒が一般的ですよね。

最近は抜け感メイクでブラウンも一般的になってきましたが、長年メイクをしている40代としては、やはり黒がしっくりくるという方も多いようです。

ですが、やはり今っぽさをプラスするならブラウンがおすすめ!「でもブラウンってなんか物足りない気がするし…」という方は、ブラウンの種類にこだわってみてください。

おすすめは「ダークブラウン」。ビターチョコのような、黄み感の少ない深みのあるブラウンがおすすめです。

黄みがあるとややくすんで見えるので、赤みがかったブラウンか、グレイッシュなブラウンがおすすめです。

アイライナーからでも、マスカラからでも、思い切って両方ダークブラウンを試してみてください。これだけで一気に垢抜けるはずです。

ただ塗るだけではダメ!若見えするマスカラの塗り方

若見えするマスカラの塗り方

実はマスカラの塗り方を変えるだけでも一気に垢抜けます。

当たり前にやっていた、ただまつげにマスカラを塗布するだけでなく、マスカラの種類にこだわってみたり、アイテムを1つプラスしてみてください。

1つは「コームタイプ」のマスカラを使うこと。根元にジグザグにブラシを入れ込み、サッと毛先に向かってブラシをすべらせます。

長さをしっかりプラスしたい場合は「まつげの中間」から毛先に向かって2度塗りしてください。重ねる場合はマスカラ液の量はごく少量。重みでまつげが下がります。

このように塗れば、繊細なセパレートまつげの完成!40代はボリュームよりも長さにこだわってみてください。

ナチュラルメイクでもこれだけで目ヂカラがアップします。また、セパレートまつげを作るのが苦手な方は、「まつげコーム」を使ってみてください。

プラスチック製や金属製など種類がありますが、金属タイプだとマスカラもダマも取ることができ、美しく立ち上がったまつげが完成します。

ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

今回記事内メイクで使用したコスメはこちらです。

記事内でご紹介したコスメ4点

画像左上から時計回りに
ディオール モノ クルール クチュール434
ジルスチュアート エターナル アイビジュー 05
デジャヴュ密着アイライナー ブラックブラウン
ウォンジョンヨ ヌードアイラッシュ シアーブラウン

これまで当たり前にしていたメイク、間違ったものではなくても「なんか古く見えるかも?」「イマイチ垢抜けない…」と感じていた方は、今っぽく、そして年齢に合わせてアップデートするチャンス!

ぜひこの記事を参考に、メイクテクにさらに磨きをかけてみてください!