NHK大河ドラマ「西郷どん」の放映に合わせ、指宿市などが来年1月から1年間、同市の時遊館COCCOはしむれに「いぶすき西郷どん館」を開設する。期間中は、会場と西郷が滞在した鰻温泉、山川港を結ぶ周遊バスを運行する。3日に発足した実行委員会で報告された。 「西郷どん館」は、2018年1月12日〜19年1月14日に開設。1階は大河ドラマの内容を中心とした「ドラマ館」、2階に「西郷隆盛と海洋国家薩摩」と題した特別企画展を設置する。特別展は今年10月から先行開催し、西郷の活躍と明治維新に指宿が果たした役割に焦点を当て、海外に開けた山川港や薩摩藩の財政を支えた浜崎太平次ら地元の海商、指宿で暮らした天璋院篤姫を資料を交えて紹介する。