三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日、種子島宇宙センター(南種子町)から11日に予定していた、政府の人工衛星「みちびき3号機」を搭載するH2Aロケット35号機の打ち上げを、12日に延期すると発表した。センター付近で落雷の可能性があるため。打ち上げ時間帯は12日午後2〜11時で、詳細な時間は10日に改めて公表する。 三菱重工業によると、11日朝まで大気が不安定で、射点移動後のロケットに落雷する恐れがあると判断し延期を決めた。12日の天候は回復する見通しだという。打ち上げ予備期間は13日〜9月30日。