第12回南日本経済賞(南日本新聞社主催)の贈賞式が10日、鹿児島市の南日本新聞会館であった。九州ハイテック(鹿児島市)と高山CHOYA(チョーヤ)ソーイング(肝付町)に賞状と副賞を贈った。 九州ハイテックは、特殊樹脂の床材コーティング剤「ファインコート」を開発した。維持管理の手間やコストの低減、剥離時の廃液を出さない環境性などを売りに、施工方法とともに国内外に普及を図る。 高山CHOYAは、綿生地に大島紬を部分使いするなど地域性を打ち出した「鹿児島しゃつ」を県内企業と共同開発。誘致企業として立地以来、27年間雇用も維持している。