鹿児島市の黎明館で開催中の写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き」「どうぶつ家族」(南日本新聞社主催、丸和建設特別協賛)は、お盆休みが始まった11日、多くの家族連れや帰省客らでにぎわった。 「世界ネコ歩き」は動物写真家・岩合光昭さんが世界15地域で撮影した209点、「どうぶつ家族」はライオンの親子やザトウクジラなど野生動物を捉えた107点が並ぶ。 愛らしい瞳のネコの写真に、家族連れが「かわいい」「ポーズがモデルみたい」と笑顔で鑑賞。姶良小5年の西川涼月(りの)さんは「前に飼っていたネコと今のネコにそっくりな子ネコの写真がお気に入り。楽しかった」と話した。 15日まで毎日、先着200人に特製うちわをプレゼントする。20日まで。14日は特別開館。共通券は一般・大学生1200円、小中高生600円。単独券もある。