夏の天体ショーの一つとして知られるペルセウス座流星群の出現が、12日夜〜13日明け方にかけピークを迎えた。鹿児島県本土は比較的好天に恵まれ、各地で明るく輝く流星が観測できた。 長島町の行人岳山頂付近では、13日午前1時からの1時間に、15個以上の流星が、八代海、天草諸島、出水市上空などに降り注ぐ様子が見られた。