任期満了に伴う屋久島町議会議員選挙は17日投票があり、即日開票の結果、新議員16人が決まった。2007年の2町合併後、補欠選挙を含め、女性が初めて当選した。 23人が立候補した。当選者の内訳は現職8、元職3、新人5。党派別は公明1、その他は無所属。昨年、役場の本庁舎建設計画の見直しを求め、住民投票条例の直接請求や町長リコールを目指した住民グループから真辺真紀氏(44)が当選した。 当日有権者数は1万556人(男5182人、女5374人)。投票者総数は8721人(有効8674=案分小数点以下切り捨て、無効47)。投票率は82.62%で、前回の13年を0.92ポイント下回った。 台風18号の接近に伴い、投票と開票がそれぞれ2時間繰り下げられた。