鹿児島地方気象台は13日午後4時ごろ、鹿児島、宮崎両県にまたがる霧島連山・新燃岳で11日から続いていた噴火が停止した模様だ、と発表した。ただ、再び噴火する恐れがあるとして、噴火警戒レベルは3(入山規制)のままとし、警戒を呼び掛けている。 気象台によると、噴火は11日早朝に始まり、12日には噴煙が最高の2000メートルに達した。その後、噴煙の勢いは次第に衰え、一連の噴火はいったん止まったとみられる。この間、噴石や火砕流は確認されなかった。 だが、噴火前に観測された火山性微動は、振幅が小さくなったものの依然継続。火山活動は活発な状態がなお続いているという。 このため、気象台は、火口からおおむね半径2キロの警戒範囲内で、大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けるとともに、2キロ以遠でも、爆発的噴火に伴う空振や火山れきの飛散に注意するよう引き続き促している。 一方、鹿児島県は13日午前、各部局長を集めて会議を開き、さらなる活発化に備え、警戒範囲が拡大した際の対応などを確認した。