鹿児島市電に20日から、京浜急行電鉄(東京)のラッピング車両が登場する。首都圏で「赤い電車」と呼ばれるデザインそのままに、1年間運行予定。市交通局によると、電車仲間の広告を担うのは異例。 京急電鉄は東京と神奈川を拠点にし、羽田空港にも乗り入れる。ラッピングは1998年11月に開業した国内線ターミナル駅の20周年を機に、羽田線の利用が多い地域で企画した。