いい夫婦の日にバラで彩りを−。鹿児島市は22日、婚姻届を提出したカップルに花束をプレゼントした。新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた花農家と、新婚夫婦を応援しようという企画。

 真っ赤なサムライや真っ白なアバランチェなど10種類を用意し、3本一組で約150セットを手渡した。新婚夫婦らは、サプライズ演出に驚きながらも「きれい」「いい記念になる」と喜んだ。

 交際記念日が3年前の11月22日という県職員の東瀬戸俊太郎さん(28)と妻奈未さん(27)は「花は大好き。バラのように華やかで明るい家庭を築きたい」と永遠の愛を誓った。