鹿児島県内は16日、広く高気圧に覆われ、鹿児島市と志布志市で最高気温が35度以上となり今年初の猛暑日を観測した。各消防によると、夕方までに少なくとも12人が熱中症の疑いで搬送されたが、重症者はいなかった。 気象庁によると、最高気温は鹿児島市東郡元町35.7度、同市喜入35.2度、志布志市35.1度など。県内全33観測点のうち中種子町を除く32地点で30度以上となり、14地点が今年最高だった。