あべのハルカス(大阪市阿倍野区)の展望台「ハルカス300」で開催中のビアガーデン「Beer300」で7月22日から、「肉フェス」の肉メニューを期間限定で提供する。(あべの経済新聞)

 あべのハルカスのビアガーデン「Beer300」

 Beer300は、展望台の上空まで吹き抜けの58階天空庭園で行われる3年目となるビアガーデン。例年は6月に始めていたが、今年はゴールデンウイークから開催している。今年始めたバーベキューコースが好評という。

 全国各地の人気肉料理店が集結するフードイベント「肉フェス」とのコラボメニューは、「新札幌名物 肉の爆弾 肉巻餃子(ギョーザ)(札幌マルエス食堂)」「金メダルソーセージ3本セット(肉工房 千里屋)」「大分唐揚げ(大分唐揚げ専門店とりあん)」(以上700円)、「タリア産ドルチェポルコの天然塩ローストポーク(森精肉店)」(900円)、「金格ハンバーグ(肉屋 格之進F)」(1,100円)、「カイノミビーフのキューブカットステーキ(鉄板肉酒場 二代目亀田精肉店)」(1,400円)。提供は8月20日まで。

 ビアガーデンの営業時間は15時〜22時(土曜・日曜・祝日、7月24日〜8月31日は11時30分〜)。9月30日まで。ハルカス300の営業時間は9時〜22時。入場料は、大人=1,500円、中高生=1,200円、小学生=700円、幼児(4歳以上)=500円。