セガ あべのキューズモール(大阪市阿倍野区、あべのキューズモール3階)に8月4日、VRアトラクション施設「SEGA VR AREA ABENO(セガ ブイアール エリア アベノ)」がオープンする。運営はセガ エンタテインメント(東京都品川区)。(あべの経済新聞)

 【動画】「SEGA VR AREA ABENO」体験会

 ゼロ・レーテンシー社(オーストラリア)が開発したVRアトラクション「ZERO LATENCY VR(ゼロレーテンシー ブイアール」を関西初導入した同施設。約225平方メートルの空間でVRが楽しめる。プレーヤーが仮想現実世界を自由に歩き回ることができる「フリーローム」と最大6人での協力プレーが楽しめるのが特徴。国内では、東京ジョイポリス(東京都港区)に導入されて深い没入感が体験できるのが好評という。

 第1弾はゾンビを倒すシューティングゲーム「ZOMBIE SURVIVAL(ゾンビ サバイバル)」。ストーリーは、ゾンビに襲われ壊滅的な被害を受けた街を舞台に、住民を救出するため総司令部が送り込んだ2つの救出チームを、ミッションとしてプレーヤーが支援、拠点を守り抜く設定。四方八方から迫り来るゾンビを他のプレーヤーと協力して撃退する。プレー時間は約30分(ゲーム前の説明含む)。プレー人数は1人〜6人。

 13歳未満、身長110センチ未満は不可。料金は2,000円。