淀川河川敷で8月5日、大阪の夏の風物詩「第29回 なにわ淀川花火大会」が開かれた。日本一高いビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)の展望台「ハルカス300」ではこの日、特別営業が行われた。(あべの経済新聞)

 なにわ淀川花火大会の盛大なフィナーレ

 今月1日の「PL花火芸術」に続く特別営業。展望台の花火が上がる方向に「花火観覧エリア」を設ける。特別入場券(3,000円)を発売し、旅行会社のツアーも組まれる。

 当日は地上高さ300メートルとなる同ビルの展望台に約1000人が来場し、約8キロ先で打ち上がる花火を鑑賞した。会場では打ち上げ場所近くで集音した音をリアルタイムで流す演出も行われ、盛大なフィナーレの後には拍手が送られた。